banner
casio case study

カシオ計算機:Sentinel RMS&EMSを 採用し新しいビジネスモデルを確立 従来のハードウェアを主体とした教育用関数電卓のビジネ スを補完するソフトウェアを主体とした新しい収益モデル

G-SHOCKなどの時計、電子辞書、電卓、電子楽器、デジタルカメ
ラなどをグローバルに提供する日本有数のメーカーであるカシオ計
算機株式会社(以下、カシオ)は、同社が世界規模で展開している
教育用関数電卓のビジネスにおいて、教育現場におけるニーズの変
化により、従来のハードウェア単体の販売をソフトウェアを利用し
たライセンス・ビジネスで補完することで、市場の変化に対応でき
る新たな収益源を確保していく必要がありました。同社は、そのビ
ジネス・モデルを構築し、ソフトウェア収益化を図るための優れた
技術と豊富な導入実績を持つジェムアルトが提供するSentinel RMS
& EMSの採用を決定しました

Download