Thales background banner

安全なVPNアクセス

VPN二要素認証とアクセス管理の必要性

分散IT環境では、企業の仮想プライベートネットワーク(VPN)は、機密ネットワークリソースや重要なビジネスアプリケーションにアクセスするために用いられる手段の1つに過ぎません。企業は、Webベースやクラウドベース、またオンプレミスのサーバーといった複数の場所に、中核となるビジネスアプリケーションや機密リソースを実装しています。

同時に、従業員のモバイル化が進むにつれ、「どこでも」アクセス可能であることが期待されることから、企業は安全なVPNアクセスを確保しなければなりません。管理者は、すべての企業リソースに対して整合性の取れた認証ポリシーとユーザーアクセス制御を適用し、認証ソリューションで柔軟性、コスト効果、簡単な展開を実現する必要があります。 

VPNダイアグラム

認証強化義務への準拠

認証強化は、データ侵害を軽減して規制への準拠を可能にする、健全な階層型セキュリティ戦略に必要不可欠です。

企業や業界の義務への準拠を可能にするタレスの認証強化ソリューションの詳細については、以下をご覧ください。

SAS 無料トライアルを開始
 

Strong Authentication for Secure Remote (VPN) Access - Solution Brief

Strong Authentication for Secure Remote (VPN) Access - Solution Brief

To accommodate flexible work arrangements, support traveling employees, retain expertise following office relocation, and keep pace with international work hours, organizations are coming under increased pressure to offer a secure VPN access strategy that allows users to...

AMI

あなたの組織はサイバー攻撃の標的となっています

アクセス管理セキュリティによる保護方法をぜひご覧ください。