Thales background banner

クラウド暗号化ソリューション

あらゆるクラウド環境でデータを暗号化

強力な鍵管理を包括したクラウド暗号化ソリューションにより、クラウド環境やマルチテナント環境で管理外の機密データが使用、転送、保存、共有される際に、そのような機密データを保護することができます。

非常に効果的なクラウドデータ暗号化セキュリティを採用することで、データの場所やSaaS、PaaS、IaaSのクラウドスタック内で使用しているソリューションの種類にかかわらず、企業の財務情報、個人を特定できる情報、知的財産などの機密情報を保護することができます。

ニーズを満たすクラウド暗号化ソリューションの採用

データがクラウド内に存在する場合や、組織によってサポートされているさまざまな環境間を移動する場合、サイロによって制限された暗号化の範囲を超えて、クラウドデータの暗号化を一元的かつ均一に大規模で展開する必要があります。

タレスのクラウド暗号化ソリューションを使用することで、企業独自のニーズに応じて、必要な場所で、必要なときに、必要な方法によってデータ保護を適用することができます。

クラウド暗号化調査

クラウド暗号化の動向

今後2年間で、ITおよびデータ処理に対する要件の平均51%がクラウドに関するものになると予想され、現在の平均39%から大きく増加することを意味します。

クラウド全体で移動中データを保護

移動中データの暗号化ソリューション

クラウド全体で移動中データを保護

タレスの高速暗号化システムが、安全なクラウド接続を可能にします。実証された高保証の第2層ネットワークセキュリティは、機密データやリアルタイムのビデオおよび音声が、仮想ネットワーク上、物理ネットワーク上、データセンター間で、接続されたクラウドまで移動し、また戻ってくる際にセキュリティを保護します。

タレスのHSE (高速暗号化システム) の詳細を見る

仮想マシンインスタンスを暗号化

仮想マシン暗号化アイコン

仮想マシンインスタンスを暗号化

タレスのProtectVは、仮想インフラストラクチャやクラウド対応のインフラストラクチャ全体に、セキュリティとコンプライアンスをもたらすことで、クラウド内の機密性の高いワークロードを保護し、機密データを保存し、管理された業界における業界規制への準拠を実現します。

タレス ProtectVの詳細を見る

クラウド内のファイル、フォルダー、およびその共有を透過的に保護

クラウドファイル暗号化のアイコン

クラウド内のファイル、フォルダー、およびその共有を透過的に保護

タレスのProtectFileはクラウド非依存型のソリューションで、クラウドプロバイダー(AWS、Microsoft Azure、IBM SoftLayer、VMware)をまたいで機能を発揮し、ファイル、フォルダー、およびその共有を暗号化します。タレスのProtectFileは、SQLデータベース、NoSQLデータベース、ビッグデータ(Apache Hadoop)、DAS、NAS、SANストレージ、およびSharePoint、Gemstone、CHEF、Docker、Office Toolsといったその他のソリューションを保護します。

タレス ProtectFileの詳細を見る

クラウド内のアプリケーションを保護

クラウドアプリケーション暗号化アイコン

クラウド内のアプリケーションを保護

タレスのProtectAppは、アプリケーションデータをその作成時に暗号化し、転送、バックアップ、コピーされる場所にかかわらず、オンプレミスやクラウドでライフサイクル全体を通して安全な状態に保ちます。データをその寿命の初期段階から保護することで、クラウドへ移動中に暗号化された状態が保たれ、データとしての安全性も維持されます。

タレス ProtectAppの詳細を見る

クラウド内のデータベースを保護

クラウドデータベース暗号化のアイコン

クラウド内のデータベースを保護

タレスのProtectDBは、オンプレミスやクラウド内に存在するマルチベンダーデータベース管理システムにより、列レベルでデータを透過的に暗号化します。ポリシーベースの制御により、役割、ユーザー、時間帯に対する列アクセスを制限します。これにより、データがクラウドデータセンターに移動したり、あるクラウドから別のクラウドに移動したりしても、細かくカスタマイズされたデータ所有権が維持されます。

タレス ProtectDBの詳細を見る

アプリケーションレベルでのTokenization (トークン化) サービス

クラウドトークン化のアイコン

アプリケーションレベルでのTokenization (トークン化) サービス

タレスのTokenization (トークン化) は、クラウド内のデータベースに含まれる重要な情報を、データの長さと形式を維持する代理値(「トークン」)に置き換えることで保護します。

タレスのTokenization (トークン化) の詳細を見る

クラウド全体での鍵のライフサイクル管理

ハードウェアセキュリティモジュールのアイコン

クラウド全体での鍵のライフサイクル管理

タレスのKeySecureは、クラウドの利用に対して、スケーラブルなセキュリティを提供します。単一の一元化された企業向け鍵管理プラットフォームにより、データをクラウドに安全に移行し、暗号化鍵とデータの完全制御および所有権を維持し、キーストアの断片化を回避することができます。タレスのKeySecureは鍵管理サーバーとして機能し、企業の暗号化インフラストラクチャ全体に存在する暗号化マテリアルを一元管理します。また、KeySecureを使用することで、オンプレミスやクラウド内の信頼の基点として、タレスのハードウェアセキュリティモジュールを展開することができます。

タレス KeySecureの詳細を見る

タレスのHSM (ハードウェアセキュリティモジュール) の詳細を見る

タレスのクラウド暗号化をお勧めする4つの理由:

Secure cloud data icon

1. セキュリティを強化:セキュリティポリシーを一元管理し広範囲にわたって施行することで、クラウドサービスの保護と、さまざまなセキュリティソリューションの鍵管理にかかるコストと労力を削減します。

2 コンプライアンスを確保し、詳細な監査証跡を提供:暗号化により、侵害された場合でもデータが読み取られないようにすることができます。クラウドベースやオンプレミスの運用全体において、暗号化アクティビティを一貫して監視することで、関連するセキュリティおよびプライバシー規制を容易に追跡・遵守し、監査期間とコストを大幅に削減することができます。

3. セキュリティコストとITコストを削減:再現性を備え文書化された、実績あるプロセスをぜひご活用ください。効率的な一元化されたプロセスによってポリシーと暗号化鍵を管理することで、使用しているクラウドの種類にかかわらず、初期費用と継続的な管理にかかる労力を最小限に抑えます。

4. ITとビジネスの俊敏性を向上:変化し続ける要件と課題に適応します。迅速かつ効果的に展開することができ、セキュリティを損なうことなく、クラウドの俊敏性を活用してビジネス目標をサポートします。

Featured Resources

Encrypt Everything 組織が機密データを保護する ための実践ガイド - eBook

Encrypt Everything 組織が機密データを保護する ための実践ガイド - eBook

エンタープライズデータセキュリティを担うエキスパート は、組織の貴重なデータを保護するために、エンタープラ イズ規模の暗号化戦略を策定し実施することが求められ ています。しかし、重要なデータはどこにでも流れていま す。境界はもはや存在しません。データは運用システムか ら分析システムへ、オンプレミスからクラウドへ、データベ ースからデータレイクへと移行しています。データの世界 はかつてないスピードで変化しています。ビッグデータやマ イクロサービスなどの新しいテクノロジーが同時にさまざ まな形で採用されています。