Default banner

ソフトウェアライセンスサーバー

ソフトウェアライセンス管理を一元化し、ライセンスコンプライアンスを強化します

ソフトウェアライセンスサーバーとは?

すべてのソフトウェアとプログラムには、ユーザーとソフトウェア発行者との間の法的権利を規定する、独自のライセンスが付属しています。これらの権利には、プログラムを使用できる回数や、その使用が定めらる場所、また、プログラムをコピーまたは変更できるかどうかについてが含まれます。

どの企業や組織にとっても、複数のライセンスを追跡することは困難な場合があり、適切に追跡が実行されなければ、特定のソフトウェアを使用できるユーザー、または使用しているべきユーザーの数を追跡できなくなる可能性があります。これは大したことではないように思われるかもしれませんが、ライセンス契約に違反した場合、刑事責任を問われる可能性があり、それにより企業とその評判を損なう恐れがあります。また、発行者やベンダーの収益に影響を与えることは言うまでもありません。

このような事態が発生しないようにする方法の1つは、Sentinel RMS ネットワークライセンスなどのライセンスサーバーシステムを使用することです。このタイプのライセンスサーバーを使用することで、組織はソフトウェアライセンス管理を一元化し、ライセンスコンプライアンスを強化することができます。さらに、この必要不可欠なシステムは、RMSライセンスの構成オプションにより、ソフトウェアの導入と管理にかかるコストの削減を可能にします。

ライセンスサーバーの特徴と機能とは?

ソフトウェアライセンスサーバーにより、企業は、ソフトウェアライセンスを管理し、使用資格のあるソフトウェアやプログラムのみを使用するよう確認することができます。

ライセンスサーバーは、ライセンスとユーザーを追跡するためにアクセストークン(ソフトウェアライセンスキーとも呼ばれます)を提供する、一元化されたコンピュータソフトウェアシステムを使用します。アクセストークンにより、ライセンスが付与されたソフトウェアを、クライアントのコンピュータで実行できるようになります。トークンがなければ、アクセスすることはできません。

ライセンスサーバーの仕組み

Sentinel RMS ライセンス マネージャーなどのライセンスサーバーシステムは、デジタルなゲートキーパー(門番)として機能します。ライセンスサーバーは、プログラムやソフトウェアの使用「リクエスト」を注意深く監視し、アプリケーションやプログラムを使用するワークステーションの数が、企業が持つ適格なライセンスやライセンス資格の数と一致することを確認します。ユーザー数が購入したライセンス数を超えた時点で、ライセンスサーバーは新たなユーザーにソフトウェアへのアクセスを許可しなくなります。

ライセンスマネージャーは、フローティングライセンスと組み合わせて使用されることが多く、本質的にはフローティングライセンスサーバーであると言えます。このタイプのライセンスサーバーシステムを使用することで、企業は、購入時のライセンスサーバーの価格を上回る、大幅な経費削減を実現することができます。これは、企業や組織が、従業員全員分のライセンスを購入する必要がないためです。従業員全員分のライセンスがない代わりに、ユーザーは必要に応じて順番にソフトウェアにアクセスします。

プログラムやアプリケーションにアクセスするには、ライセンスサーバーにライセンスを要求する必要があります。使用可能な予備のライセンスがある場合(つまり、ユーザー数がライセンス数を超えていない場合)、ライセンスサーバーはソフトウェアの実行を許可します。

ユーザーがプログラムを必要としなくなった場合や、承認されたライセンスの使用期間が終了した場合、ライセンスサーバーはライセンスを取り戻し、他の承認されたユーザーが使用できるようにします。これは、図書館での本の貸し出しとほぼ同じ方法で行われます。利用できる本のコピーは数冊しかないため、本を借りたい人は、別のユーザーがコピーを返却するのを待つ必要があります。

ライセンスは、ライセンスサーバー上のライセンスファイルに「住んで」おり、ライセンスマネージャーは通常、同一のネットワーク内にある、企業がライセンス付きアプリケーションをインストールしたコンピュータ上で実行されます。

ライセンスマネージャーは起動すると、ファイルからライセンスを読み取り、ライセンステーブルを作成します。ユーザーは、使用可能なライセンスを持つライセンスサーバーを探すことができるよう、アプリケーションをプログラムすることができます。

ライセンス付きアプリケーションが実行されると、ユーザーは自動的にライセンスマネージャーに要求を送信して承認を取得します。ライセンスマネージャーは、要求を処理し(必要に応じてクライアントの認証を含む)、ステータスをクライアントに返します。

ライセンスマネージャーは各要求を個別に維持し、その承認を個別のクライアントとして扱います。

上記のように、ライセンスサーバーシステムを使用する主なメリットは、ソフトウェア、アプリケーション、プログラムのより柔軟な使用が可能になることです。これにより、複数のリモートワーカーが簡単にそれらを使用できるようになります。

この仕組みは、特定のワークステーションに関連付ける必要がある単一インストールソフトウェアとは、まったく逆のものです。単一インストールソフトウェアの場合、回避策(VPNなど)はありますが、あるコンピュータから別のコンピュータにライセンスを転送する方法はありません。しかし、フローティングライセンスサーバーの場合はそうではありません。

効果的なライセンスサーバーが導入されており、企業が正しいライセンス資格を購入している限り、ソフトウェアはほとんど制限なく複数のワークステーションと複数のユーザー間で共有できます。

これは、すべての人が無料でソフトウェアを利用できるという意味ではありません。ライセンスを割り当てるマシンやユーザー、および一度に使用できるマシンの数を指定するライセンス資格には、制限があります。これは、大規模な職場や分散した職場にとって特に重要です。また、リモートで作業する従業員の数が増えるにつれ、この俊敏性は、将来さらに重要なものになる可能性があります。

フローティングライセンスサーバーは、プログラムやソフトウェアのインストール、アンインストール、転送に関連する細かな作業を排除したい企業にとっても有益です。これらのロジスティクスはすべて自動的に処理されるため、IT部門は、他のタスクや企業目標に集中することができます。

使用されているライセンス数や使用方法をライセンスマネージャーが追跡してくれるため、企業はデータをまとめて予算を立て、将来のソフトウェア購入を予測することができます。このように、ライセンスサーバーは単なるライセンスのゲートキーパー以上の役割を果たします。