Default banner

フローティングソフトウェアライセンス

スマートなソフトウェアライセンス管理は、ソフトウェアベンダーとして成功を収めるために不可欠です。ソフトウェアライセンシングソリューションは、製品を盗難や著作権侵害から保護するだけでなく、クライアントのソフトウェアの購入および使用経験に大きな違いをもたらします。

クライアントへの提供を検討すべきソフトウェアライセンスモデルの1つは、フローティングライセンスモデルです。

フローティングライセンスとは?

フローティングライセンスについて、レストランにあるテーブルに例えて考えてみましょう。空きがあれば誰でも席に着くことができますが、常連客が訪れたときに満席だった場合、常連客は誰かが食事を終えてテーブルを空けるまで待つ必要があります。

同様に、企業がフローティングソフトウェアライセンスを購入した場合、無制限の数の従業員がアクセスできますが、同時に使用できるのは特定の数の従業員だけです。

フローティングライセンスの仕組みは次の通りです。中央サーバーが、クライアント用に特定の数のライセンスを保持します。ユーザーが、ソフトウェアを実行する準備ができたときに、フローティングライセンスサーバーを要求します。使用可能なライセンスがある場合、サーバーはユーザーにソフトウェアへの即時アクセスを許可します。ユーザーがソフトウェアの使用を終了すると、ライセンスはサーバーに「返され」、次のユーザーを待ちます。すべてのライセンスが使用されているときにユーザーがアクセスを要求した場合、ユーザーはライセンスが使用可能になるまで待つ必要があります。

フローティングソフトウェアライセンスモデルは、すべての従業員が特定のソフトウェアにアクセスできるようにする必要があるが、すべてのアクセスが一度に行われるわけではない企業にとって特に有益です。例えば、従業員が毎日数分間ソフトウェアを実行するだけでよい場合や、異なるシフトや異なるタイムゾーンで作業する異なるチームが存在し、勤務中の従業員だけがソフトウェアを利用できればよい場合などが例として挙げられます。

このタイプのライセンスは、同時使用ライセンスとも呼ばれます。

フローティングライセンスの長所と短所

それでは、このライセンスモデルにはどのような利点があるのでしょうか?

  • どこからでもアクセス:このタイプのライセンスは、複数のデバイスや場所からソフトウェアにアクセスできる必要がある企業に最適です。
  • 無制限のユーザー数:企業は必要な数のアカウントを開くことができます。これにより、古いアカウントからの移行や、新しい従業員の研修プロセスといった作業を行うにあたり、大幅に時間を節約し煩わしさを軽減することができます。
  • 大幅なコスト削減:20人の従業員がソフトウェアにアクセスする必要があるが、ソフトウェアを一度に使用する従業員が5人しかいない場合、企業は、20個ではなく5個のフローティングライセンスを購入するだけで済みます。これにより、企業は大幅にコストを削減することができます。
  • 柔軟性:このモデルでは、無制限の数のユーザーがどこからでもソフトウェアにアクセスできるため、非常に柔軟かつ動的なオプションと言えます。

しかし、主な欠点が1つあります。

  • ピークキャパシティ:上記の企業の20人の従業員にソフトウェアへのより頻繁なアクセスが必要となった場合、ライセンスが利用可能になるのを待つ間に、ワークフローが中断される可能性があります。この際、企業が増大するニーズに対応するためにより多くのライセンスを迅速に購入しない場合、生産性を損なう恐れがあります。

 

スタンドアロンライセンスとフローティングライセンスの違いとは?

フローティングライセンスとスタンドアロンライセンスの主な違いは、スタンドアロンライセンスでは、特定のユーザーにのみアクセスを提供することです。再びストランに例えると、スタンドアロンライセンスは、予約済みのテーブルのようなものです。テーブルを予約した常連客がまだ到着していなくても、他の客はそのテーブルに座ることはできません。同様に、スタンドアロンライセンスでは、特定の1人のユーザーのみがソフトウェアを使用でき、そのユーザーがソフトウェアを使用していない場合でも、他のユーザーは使用することができません。

スタンドアロンライセンスは、すべての従業員がソフトウェアに一貫してアクセスする必要がある企業や、従業員ごとに異なるレベルのアクセスまたは異なる種類のソフトウェアが必要となる企業に適しています。ただし、あまり使用されていないソフトウェアの柔軟性と費用対効果となると、フローティングライセンスのほうが有益である場合が多々あります。