Default banner

永久ライセンス

貴社のソフトウェアを発表するにあたり、貴社に最適なソフトウェアライセンスモデルを採用したいとお考えかと思います。適切なソフトウェアライセンス管理プラットフォームとモデルを選択することは、収益を生み出し、顧客を満足させるための第一歩です。

今日、市場には、多くのソフトウェアライセンシングモデルが出回っています。最も伝統的かつ一般的なモデルの1つは永久ソフトウェアライセンスで、B2Cアプリケーションで人気があるため、ほとんどの人がこのモデルを認識しています。多くの企業が、伝統的モデルである永久ライセンスモデルの使用に慣れ親しんできました。

永久ソフトウェアライセンスとは?

永久ソフトウェアライセンスモデルは、市場に出回る最もシンプルなモデルの1つです。このモデルは、店舗で行うほとんどの購入形態と似ています。例えば、新しい洗濯機が必要だと仮定しましょう。あなたは店舗を訪れ、希望のモデルを見つけて購入します。それ以降、購入した洗濯機はあなたのものとなります。この際、保証とサービスが付随する形で1回限りの支払いを行います。保証期間の終了後、ほとんどの場合で、保証とサービスパッケージを延長することができます。もちろん、洗濯機は自宅に設置され、好きなだけ使用することができます。

永久ライセンスモデルでは、顧客はソフトウェアに対して1回限りの料金を支払います。本質的に顧客は、ソフトウェアをレンタルするのではなく購入することになります。顧客は、オプションとして年会費(通常は元のコストの20%)を支払うことで、メンテナンス、サポート、更新を得ることができます。顧客は通常、ソフトウェアを独自のサーバーでホストすることになります。

永久ライセンスの長所と短所

永久ライセンスモデルには複数の利点があり、その例として次のようなものが挙げられます。

  • 長期使用:顧客は永久ライセンスを選択することで、通常、ソフトウェアを永久に使用することができます。このモデルは、長期的にソフトウェアが必要になることが分かっている企業や個人にとって魅力的です。
  • 明確なコスト:永久ソフトウェアライセンス付きのソフトウェアを購入する場合、支払う金額を正確に把握することができます。また、年間メンテナンスプランを購入するオプションも用意されています。
  • ソフトウェアの所有権:顧客は購入後にソフトウェアを所有し、ほとんどの場合、独自のサーバーでホストすることができます。
  • 経済的メリット:ソフトウェアを長期間にわたって使用する場合、永久モデルは非常に魅力的で、費用対効果が高いものになることが多くあります。

永久ソフトウェアライセンスモデルの短所には次が挙げられます。

  • メンテナンスとサポートにかかる年間費用:ソフトウェアの初期費用(多くの場合、高額になる可能性があります)に加え、必要に応じて更新とサポートを受けるために、メンテナンスとサポートの年間パッケージの購入が必要になることが多くあります。

 

永久ライセンスとサブスクリプションライセンスの違いとは?

ソフトウェアライセンシングソリューションについての議論では、永久ソフトウェアライセンスとサブスクリプション型ソフトウェアライセンスの比較がしばしば行われます。サブスクリプションライセンスモデルは、近年ますます人気が高まっています。自社に最適なソフトウェアライセンシングモデルを選択するにあたり、両方のオプションを検討し、それらの違いを理解することが重要です。

支払い
前述の通り、永久モデルを購入するには1回限りの支払いを行い、年間メンテナンス料(永続的な価格設定)のオプションが用意されています。サブスクリプションモデルでは、定期的に支払いを行います(通常は毎月または毎年)。このモデルでは、本質的に顧客は、ソフトウェアをレンタルしていることになります。初期費用は低くなる傾向がありますが、使用期間によっては、総費用が非常に高くなる可能性があります。

実装
永久ライセンスモデルでは、企業は多くの場合、自社サーバー上でソフトウェアをホストします。このモデルでは、自社のニーズを満たすために、高度なカスタマイズや統合が必要になる場合があります。サブスクリプションモデルでは、ソフトウェアはホスト会社のサーバー上でホストされ、カスタマイズはあまり行われません。

アップグレードとサポート
永久モデルでは、最初の購入に一定期間における更新とサポートが含まれています。一定期間の終了後は、料金を支払うことで引き続き更新とサポートを受けることができます。サブスクリプションモデルでは、更新とサポートがサブスクリプション料金の一部として含まれています。

セキュリティ
この2種類のモデルの主な違いは、永久モデルでは、顧客が独自のサーバー上でソフトウェアをホストするのに対し、サブスクリプションモデルでは、ベンダー企業のサーバー上でソフトウェアがホストされることです。永久ライセンスモデルでは、顧客は自社でセキュリティをより細かく制御できるため、状況をより詳細に把握することができます。