Default banner

プロプライエタリソフトウェアライセンス

ライセンスモデルを決定するにあたり、企業はいつくかの項目について検討する必要があります。オープンソースコード OR クローズド?サブスクリプションモデル OR 一括払い?可能な限り最良の方法でソフトウェアにライセンスを付与できるよう、多くの要素について考慮すべきです。

ソフトウェアライセンスモデルの中で最も広く認識されているのは、プロプライエタリソフトウェアライセンスでしょう。このモデルは、ソフトウェアの自社管理を継続したいと考える企業に、明確な利点をもたらします。

プロプライエタリソフトウェアライセンスとは?

プロプライエタリソフトウェアライセンスは、ソフトウェア会社がソフトウェアを開発し、そのコード、機能、使用を制御し続けるものであるという概念に基づいています。

おそらく、貴社もプロプライエタリソフトウェアライセンス付きのプログラムを使用していることでしょう。これにはMicrosoft Windows、iTunes、Adobe Photoshop、Skypeなどが含まれます。このタイプのソフトウェアライセンシングモデルでは、ユーザーはコードにアクセスできないため、コードを操作したり、ニーズに応じて変更を加えたり、機能を追加したりすることができません。

プロプライエタリライセンスモデルの問題の1つは、法律で保護されていないことです。これは、理論的には、ソフトウェアのコードにアクセスして変更を加えるても、問題とはならないことを意味します。そのため、このタイプのソフトウェアを使用するにあたり、ユーザーはほとんどの場合、長い利用規約文書に同意することを求められます。それらの規約はユーザーとソフトウェア開発者の間で拘束力があり、変更を加えることは禁じられています。

プロプライエタリライセンスの長所と短所

プロプライエタリソフトウェアの利点はかなり明白です。多くの企業は、ソフトウェアを長期的に保護するために、プロプライエタリソフトウェアモデルを使用することを好みます。

  • シンプルなユーザーエクスペリエンス:熟練した開発者は、専門知識とユーザーエクスペリエンスに関する理解に基づいて、ソフトウェアプログラムを作成する責任があります。これにより、基本ユーザーには、コーディングまたはプログラミングに関する知識や、好みに合わせた設定変更を必要としない、シンプルなユーザーエクスペリエンスが提供されます。
  • 更新が簡単:プロプライエタリシステムは、ソフトウェア会社によって定期的に更新および調整されます。これは、ソフトウェア自体のセキュリティ保護と更新に責任を負いたくないユーザーにとって利点となります(ほとんどのアマチュアユーザーに当てはまります)。例えば、最新かつ最も安全なソフトウェアを利用できるようにするために、AdobeソフトウェアやiOSシステムを時々更新する必要があります。これによりユーザーは、プログラミングやコーディングの知識がなくてもソフトウェアを簡単に使用することができます。
  • 利益の増加:ソフトウェア会社にとって、利益を上げることは目標の1つです。プロプライエタリソフトウェアのさらなる利点は、継続的な更新とサポートを得るために、多くの場合でユーザーは繰り返し料金を支払う必要があるということです。

しかし、プロプライエタリソフトウェアには欠点も存在します。主な欠点は、ユーザーがニーズに応じて変更を加えることができないということです。ソフトウェアに関する知識を持つ企業や個人の場合、状況に応じて適合させることができるソフトウェアを求めていることが多々あります。多くのプロプライエタリソフトウェアライセンスの開発者は、(利用規約により禁止されていることに加えて)ユーザーがコードにアクセスできないようにしています。

プロプライエタリライセンス VS オープンソースライセンス

ソフトウェアライセンシングソリューションについての議論では、プロプライエタリライセンスとオープンソースライセンスの比較がしばしば行われます。オープンソースライセンスは、プロプライエタリソフトウェアモデルの反対のものと見なされます。オープンソースソフトウェアでは、開発者はコードを自由に変更したり、ソースコードを共有したりすることができます。このソフトウェアには無料のものと有料のものがあります。ユーザーにとってのこのモデルの欠点の1つは、コードが必要に応じて常に保護されるとは限らず、元のソフトウェアプロバイダーが、そのような状況においてサポートを提供する責任を負わないことです。

これまでに、プロプライエタリモデルとオープンソースモデルの両方の機能を備えたソフトウェアを開発しようとする試みが行われてきました。この状況では、開発者はソフトウェアの特定の側面に自由度を持たせ、はるかに優れた柔軟性と適応性を可能にします。どのモデルでもソフトウェアライセンス管理は必要不可欠であり、ソフトウェアが正しく使用されていることを保証する上で重要なステップとなります。