Default banner

デジタルトランスフォーメーションのメリット

現代において、企業の成功にはデジタルトランスフォーメーションが必要不可欠であることは誰もが認めるところですが、その実行はシンプルではありません。デジタルトランスフォーメーションは多面的かつ複雑であり、経験豊富なビジネスパーソンさえも悩ませる課題に溢れています。デジタルトランスフォーメーションを進めるにあたりサポートが必要な場合は、これからご紹介するデジタルトランスフォーメーションがもたらす10個のメリットをぜひご覧ください。これらのメリットは、現代のビジネスシーンで成功するにあたり非常に重要で、決して見逃せません。

デジタルトランスフォーメーションの主なメリットとは?

デジタルトランスフォーメーションには、次のような見逃せないビジネス上のメリットが10個あります。

1. 顧客満足度を向上

顧客の期待はかつてないほど高まっています。顧客は、個々のニーズを満たすパーソナライズされたサービスを求めている一方で、物事が自動的に行われることを望んでおり、ソフトウェアへのアクセスや、ソフトウェアの更新、非アクティブ化、再アクティブ化といったタスクを実行するにあたり、人間とのやり取りを避けたいと考えています。ビジネスにおけるデジタル化がもたらす最も明白なメリットの1つは、場所や業界ごとのライセンス変更や自動化されたプロセスなど、堅牢なデジタルツールと戦略を実装できることです。これらのデジタル化されたプロセスは、顧客満足度の向上に直接つながります。

2. データベースの洞察を促進

デジタルトランスフォーメーションの最も重要なメリットの1つは、企業がデータを収集および分析して、収益を生み出す実用的な洞察を得ることができるということです。これまでデータは、接続されていない複数のプラットフォームに分散されていました。さらには、データを収集して使用するといったことをまったく行っていなかった可能性もあります。デジタルトランスフォーメーションにより、堅牢なデータ収集、一元化されたデータ保存、データを分析し情報に変換するためのツール作成が可能になり、情報に基づいた企業の意思決定が促進されます。

3. ソフトウェアの収益化を実現

2015年、MicrosoftのCEOであるNatya Nadella氏は、毎年開催されるMicrosoft Convergence会議において、ビジネスと業界のリーダーたちで集う会場を見渡しながら、「すべての企業はソフトウェア企業である」と述べました。当時、「ソフトウェア中心」という概念はほとんど理解されていませんでした。今日、すべてのビジネスリーダーは、製品中心のアプローチからソフトウェア中心のアプローチに移行する必要があり、ソフトウェアの収益化によって企業に最高のROI(投資利益率)がもたらされることを認識しています。しかし、多くの企業は、ソフトウェア収益化の推進方法を把握していないため、収益化を実現できずにいます。

デジタルトランスフォーメーションにより、ソフトウェアの収益化が可能になります。Sentinelなどのソフトウェア管理ソリューションを使用することで、企業のソフトウェアをシフトするためのデジタルフレームワークを作成することができます。デジタルフレームワークは、新たな収益源の特定、ソフトウェアライセンスの作成、ライセンスの保護、顧客とのやり取り、ビジネスに不可欠なデータへのアクセスを実行できるようサポートします。

4.  質の高いユーザーエクスペリエンスを実現

ブランド価値の高い企業は、製品を提供するだけでなく、質の高いユーザーエクスペリエンスを提供することも重要であることを認識しています。デジタルトランスフォーメーションは、自動化、AI、セルフサービスツールを活用したスムーズかつ優れたユーザーエクスペリエンスの提供を可能にします。デジタル時代にマッチする企業にとって、摩擦のないユーザーエクスペリエンスの提供は欠かすことができない要素です。

5. コラボレーションを促進&コミュニケーションを改善

革新と成果を推進するには、社内のすべての部門間でコミュニケーションとコラボレーションを促進するデジタルプラットフォームが必要です。デジタルトランスフォーメーションは、回りくどいコミュニケーション、同じやり取りの繰り返し、遅い応答時間、情報の欠落、役立たないアイデア共有を排除します。社内のコミュニケーションをデジタル化することで、生産性、説明責任、創造性が向上し、競合他社に打ち勝つために必要な優位性を獲得することができます。

6. 敏捷性を向上

2017年にマッキンゼーが実施した調査では、業界が現在のスピードでデジタル化を進めた場合、自社の現在のビジネスモデルが今後も経済的に実行可能であり続けられると考える回答者は、全体のわずか8%でした。つまり、企業のなんと92%が、状況に合わせて変化する力と柔軟性こそが、デジタルトランスフォーメーションが急速に進む時代を生き抜くための鍵であると認識しています。製品は変化し続け、かつて信頼されていた収益源は枯渇しつつあり、顧客の需要はほんの数年前とは大きく異なっています。

ここで必要となるのは、デジタルトランスフォーメーション戦略です。デジタルビジネス環境において、企業は課題を予測し、先制的にソリューションを構築することができるため、今後何年にもわたってビジネスを継続することができます。

7. 人的ミスを削減

デジタル化がもたらす紛れもないメリットは、デジタルプロセスが、時間のかかる手動のデータ入力と人的作業の非効率性を排除することによって、ミスの発生を阻止することです。デジタルプロセスは、ミスが発生しやすい人間が関与するプロセスよりもスムーズで、リスクが軽減されます。

8. 優秀な従業員の育成を推進

デジタルトランスフォーメーションを成功させるための重要な要素は、社内全体で従業員の賛同を得ることです。デジタル化により、最終的に誰もがメリットを得ることができる企業文化を構築する必要があります。従業員の賛同を得られるよう、スタッフのデジタル教育に投資しましょう。社内ウェビナーを開催し、会議に参加し、従業員にスキルアップコースの履修を促します。優秀な従業員は企業にとって最大の資産となるため、彼らが成長できるよう十分な投資を行うことが重要です。

9. 運用効率を向上

デジタルトランスフォーメーションによって、運用効率が向上します。バックオフィスシステムとの統合、配信プロセスと製品の更新の自動化、デバイス間のアクティベーションの有効化、複数の製品バリアントの管理などにより、面倒な手動プロセスを統合し、費用を削減することができます。また、デジタルビジネスのプロセスを採用することで、時間を節約し、収益の取りこぼしを防ぎ、ストレスを軽減することができます。デジタルビジネスは、効率的なビジネスを意味します。

10. 将来的なデジタル成長を実現

デジタルトランスフォーメーションがもたらす最後のメリットは、最も本質的なものです。デジタルトランスフォーメーションは、今後のビジネス成長に向けて基盤を整えます。デジタルビジネスの変革に投資しなければ、企業はすぐに時代に取り残されてしまいます。ここ数年間で我々は、ブロックバスター、トイザらス、コダックといった業界を牽引してきた大企業の倒産を目の当たりにしてきました。これらの企業が倒産に追いやられた理由は、デジタルトランスフォーメーションに失敗したためです。デジタルトランスフォーメーションは、オプションとして選択するものではありません。また、成功している企業が片手間で行っているようなことは決してありません。世界に押し寄せているデジタルトランスフォーメーションの波を乗り越えるためには、変革への歩みを進める必要があります。そうすることで、デジタルトランスフォーメーションがもたらすメリットを享受し、今後、より強力で収益性の高いビジネスを構築することができます。