Default banner

ソフトウェアによるバックオフィスの自動化

ソフトウェアによるバックオフィスの自動化とは?

ソフトウェアによるバックオフィスの自動化とは、社内の業務プロセスのデジタル化と自動化を意味します。これには自動化されたデータ収集とレポート、デジタル化された効率的な内部通信プロセス、自動化されたビジネスメトリクスレポート、自動化された規制コンプライアンスの更新、ロボットによる記録の保守などが含まれます。さらに、バックオフィスの自動化は、新興ソフトウェアベンダーのより専門的なバックオフィス業務にも対応する必要があります。その例として、サプライチェーンプロセスに伴う複雑さの解消、ワークフローの自動化、電子的なソフトウェア配布のための堅牢かつ実用的な方法の確立が挙げられます。

将来を見据えた企業、特に将来を見据えたソフトウェア企業を運営するには、独自の堅牢なバックオフィス自動化を実行すると同時に、既存の自動化されたバックオフィスプロセスと完全に統合することができるソフトウェア管理プラットフォームを導入する必要があります。これにより、今後何年にもわたりビジネスの構築をサポートする、ソフトウェアによるバックオフィスの自動化を実現することができます。

ソフトウェアによるバックオフィスの自動化の重要性とメリット

小規模企業であれば、チェックリストの確認、手動による製品の梱包、事務処理、バックオフィス業務の継続的な遂行を、わずか数人の従業員でこなすことができるかもしれません。しかし、デジタルビジネスの変革が進む現代においてビジネスの拡大を目指す場合、バックオフィスを自動化のみで、競争が激化する市場で生き残ることができます。

バックオフィスの自動化は、顧客や従業員、また収益に対してメリットをもたらします。顧客は、効率の向上、待ち時間の短縮、よりスムーズでデジタル化された顧客体験といったメリットを享受することができます。従業員は、疲弊につながる退屈な繰り返し作業から解放されます。企業は、運用費用と人件費を削減することで収益を増加させることができます。そしてバックオフィスが完全に自動化され、ソフトウェアシステムと統合されることで、新たなデジタルランドスケープ内での業務が可能になり、企業の成長を妨げる障害物を克服できるようサポートする新たなプロセスを実装することができます。

では実際のところ、ソフトウェアによるバックオフィスの自動化から何を得られるのでしょうか?

  • 人件費の削減 - 人間ではなくロボットに作業を任せることができれば、人件費を削減することができます。
  • 従業員の生産性の向上 - 従業員はこれまで、手動でデータを入力したり、Eメールを送信したり、その他の管理タスクを実行したりする以外に選択肢がありませんでした。これらのタスクが自動化されることで、従業員はビジネスの成長を推進するために、時間と能力を活用できるようになります。
  • 人的ミスの削減 - コンピュータは、人間のようにミスを犯すことはありません。バックオフィスの自動化によりエラーが大幅に削減されるため、クライアントは効率的に機能する貴社システムを信頼することができます。
  • 運用費用の削減 - かつてソフトウェアライセンシング管理といった機能には、高価なハードウェアが必要でした。バックオフィスの自動化により、物理的プロセスではなくデジタルプロセスを実装できるため、不要な費用を削減することができます。
  • 将来に焦点を当てたプロセスが実行可能 - 効果的なバックオフィスプロセスは、革新を可能にする環境を作り出します。その成功例として、業界をリードする世界的な医療技術企業の1つであるStryker Corporationの例が挙げられます。Sentinelのソリューションはとりわけ、Strykerのバックオフィス自動化プロセスを効率化することにより、ハードウェアベースからソフトウェアベースのライセンシングへの移行を可能にしました。
  • スムーズな監査を実現 - バックオフィスの自動化により、情報が完璧に分類および保存されるため、必要な記録を取り出す際に迅速かつ簡単にアクセスすることができます。
  • 内部コミュニケーションの簡素化 - 伝言メモ、CCを入れたEメール、複雑なコミュニケーションはもう必要ありません。バックオフィスコミュニケーションを自動化することで、従業員全員が常に、仕事を効率的に行う上に必要となる情報を最新の状態に保つことができます。
  • 顧客満足度の向上 - バックオフィス用ソフトウェアに投資することで、より効率的かつデジタル化された顧客体験が実現します。

 

バックオフィスの自動化をサポートするSentinelソリューション

ハードウェアからソフトウェア中心の収益モデルへの移行は、ビジネスにとって最も経済的かつ健全な戦略の1つです。しかし同時に、ロジスティック上の課題もしばしば生み出します。

ここでSentinelのソリューションの出番です。Sentinelのソリューションは、新たなバックオフィス自動化プロセスを作成し、既存のバックオフィス用ソフトウェアと統合することにより、運用効率を向上させます。またベンダーは、ライセンシングプロセスをバックエンドの請求書発行、顧客関係管理ソフトウェア(CRM)、エンタープライズリソースプランニングソフトウェア(ERP)と同期させることができます。Sentinelのソリューションは、製品配信プロセスの自動化や、オンライン製品更新の許可のほか、統合されたオンプレミス型、クラウド型、ハイブリッド型ライセンシングプラットフォームでのライセンシング管理アクティビティの統合なども実行します。

ソフトウェアによるバックオフィスの自動化を活用してビジネスの成長を実感ください

ソフトウェアによるバックオフィスの自動化は、複雑な運用に秩序、予測可能性、効率化された機能をもたらし、それによりビジネスの成長を促進することができる唯一の方法です。

適切なソフトウェアによるバックオフィスの自動化により、ソフトウェアのライセンス付与、注文の履行、情報の保存、データ収集といった、これまで面倒な手作業が必要だった業務が自動プロセスへと移行され、企業に長期的な成功がもたらされます。ビジネス変革についての詳細をご希望の場合は、cpl.thalesgroup.com/jaをご覧ください。