Default banner

ソフトウェアセキュリティソリューション

ソフトウェアセキュリティソリューション

多くの企業は、ソフトウェアの開発とライセンス付与に多額の資金と人的資源を投資しています。今日の世界では、ソフトウェアセキュリティシステムが導入されていなければ、最高レベルのソフトウェアであっても機能を発揮することはできません。ソフトウェアセキュリティは、ライセンスを購入したユーザーが、適切な方法でソフトウェアを計画どおりに使用できるようにするために必要不可欠です。(当然のことですが)収益の創出と組織の効率アップがビジネスにとって重要である場合、ソフトウェアセキュリティを強化する必要があります。

ソフトウェアセキュリティとは?

ソフトウェアセキュリティとは、あらゆる面でソフトウェアが安全であることを保証することです。ソフトウェアセキュリティのベストプラクティスは、設計段階から始まります。ソフトウェア開発者は、ソフトウェアがハッキングされ悪意を持って使用されるのを防ぐために、作成段階でソフトウェアにさまざまな機能を追加します。このプロアクティブなアプローチは、ソフトウェアプログラム自体にソフトウェアセキュリティツールと機能を導入することにより、将来起こり得る問題を軽減することを目的としています。

ソフトウェアセキュリティソリューションを使用することで、ソフトウェアを収益化することができます。どの企業も最終的には、効率的かつ効果的に収益と価値を生み出すことを目標としています。こちらのソフトウェア収益化の概要ビデオをご覧になり、包括的なセキュリティパッケージを使用することで、企業にどのようなサポートがもたらされ、シークレットやソフトウェアを安全に保つことができるかをご確認ください。

ソフトウェアセキュリティが重要な理由とは?

答えは非常に簡単です。ソフトウェアを保護することで、適切に使用できるよう、ソフトウェアを安全な状態に維持することができます。これにより、会社の収益が増加し、ユーザーをより深く分析、調査、理解することができます。

適切なソフトウェアセキュリティ基準を設定することが重要である理由として、次が挙げられます。

不正コピーの防止

不正コピーの防止は、ソフトウェアセキュリティシステムと基準を実装することにより、ソフトウェアが不正にコピーされるのを防ぐ取り組みです。不正コピーの防止は、ソフトウェア会社による著作権侵害対策でも使用されています。

ソフトウェアが不正にコピーされないよう保証するために、さまざまな戦略が使用さます。多くのソフトウェアプログラムでは、ソフトウェアが正しく合法的に購入されたことを証明するために、ソフトウェアに初めてアクセスするときにユーザー登録を行う必要があります。これには、名前、シリアル番号、電話でのアクティベーション、デバイスIDの入力が含まれます(ソフトウェアが1つのデバイスにインストールされていること、または許可されている数を確認するため)。

不正コピーの防止は、著作権侵害対策の取り組みと密接に関連しています。著作権侵害対策は、著作権侵害と知的財産権侵害を減らすための取り組みです。ソフトウェアに多額の投資を行った後、ソフトウェアを安全かつ適切な状態に保つためには、知的財産の保護が不可欠です。ソフトウェアの著作権侵害には、カジュアルコピー、ソフトウェアの誤ったまたは悪意のあるアップロードとダウンロード、偽造、レンタルなど、さまざまな方法があります。ソフトウェア保護の詳細については、こちらをご覧ください。

違法なソフトウェア配布

違法なソフトウェア配布とは、ライセンス条項や契約に反してソフトウェアを違法に配布することです。

これはさまざまな理由で問題となります。まず、違法なソフトウェア配布が行えるということは、使用しているソフトウェアまたはライセンシングシステム内に、ソフトウェアセキュリティの問題があることを意味します。適切に構築されたソフトウェアやライセンシングシステムには、違法なソフトウェア配布を阻止するための対策を講じられているはずです。

ユーザーがソフトウェアを違法に配布している場合、必然的に貴社も収益と利益を失っていることになります。貴社のソフトウェアを違法に使用するユーザーは、誰ひとりとしてその料金を支払っていません。これは、個人ユーザーだけでなく、正しくない方法でソフトウェアをインストールしたり、使用料を支払っていない機能をハッキングしたりしている企業にも関連する問題です。

ライセンス違反

ソフトウェアセキュリティには、ユーザーがソフトウェア製品上でライセンスに違反できないよう保証することも含まれます。ライセンス違反は、ユーザーがライセンスを誤ってまたは悪意を持って使用していることを意味します。これらの違反は意図的でない場合もありますが、それでもやはり問題です。

ライセンスには明確な契約があり、契約に記載されているものとは異なる方法でライセンスを使用するユーザーは、ライセンスに違反していると見なされます。これは、誰がライセンスを使用することになっているのか(開発者 VS 配布者)、地理的な場所、そして、ソフトウェアに対する支払いを指す場合があります。ソフトウェアセキュリティツールは、特定のライセンスが誤って使用された場合に、ユーザーがそのライセンスを使用し続けることができないようにする上で非常に重要です。

ハッキング/リバースエンジニアリング

洗練されたソフトウェアが完成したら、そのソフトウェアを正しい方法で使用してもらいたいと考えるのは当然のことです。ソフトウェアセキュリティに関して大きな問題となっているのは、ソフトウェアのハッキングとリバースエンジニアリングです。誰もソフトウェアがハッキングされたり、リバースエンジニアリングされたりすることを望んでいません。ハッキングやリバースエンジニアリングでは、開発者やユーザーがソフトウェアのコードを侵害して、ソフトウェアがどのように機能するかを探り、同様のソフトウェアを自分で構築しようします。

最高レベルのソフトウェアセキュリティ基準の採用が求められるのには、たくさんの理由があります。特にハッキングは、最も重要な理由の1つです。素晴らしいソフトウェア製品を開発しても、他の人がハッキングによって複製できるのであれば、その製品の必要性がなくなってしまいます。このような状況では、収益化して市場に参入するために行ってきた努力がすべて失われる可能性があります。

ソフトウェアセキュリティのためのSentinelソリューション

Sentinelでは、ソフトウェアにライセンスを付与し、ユーザーにお届けし、保護することを目指しています。当社のソフトウェア保護製品は、ユーザーが収益機会を創出および獲得し、運用効率を向上させられるようサポートすることを目的としています。

使いやすく柔軟なライセンシング管理プログラムであるSentinel RMSを使用することで、ソフトウェアセキュリティを最優先にしながら、ソフトウェアのライセンスを付与することができます。柔軟なライセンシングオプションを選択することにより、顧客向けに究極のソリューションを作成し、最大の収益機会を得ることができます。また、ライセンスの使用状況を追跡することができるため、ソフトウェアが安全な状態で、意図した通りに使用されていることを100%確信することができます。適切なツールを使用することで効率的な運用が可能になり、それにより、利益の増加が実現します。

Sentinel LDKは、ソフトウェアを効率的かつ包括的に収益化するための本格的な管理システムとして機能します。当社では、ユーザーのソフトウェアセキュリティを最優先事項として位置付けています。Sentinel LDKを使用することで、顧客に有益なユーザーエクスペリエンスを提供しながら、ソフトウェアが意図した通りに使用および配布されることを確認して、収益を最大化することができます。