Thales banner

CipherTrust Cloud Key Management(クラウド鍵管理)

BYOK鍵、HYOK鍵、クラウドネイティブ暗号鍵向けのライフサイクル一元管理

お問い合わせ

  • AWS Logo
  • Azure Logo
  • Google Cloud Logo
  • Oracle Cloud Infrastructure Logo
  • Salesforce Logo
  • SAP Logo

顧客の利便性を考慮して、ベンダー固有の暗号化および鍵管理サービスを提供するクラウドサービスプロバイダー(CSP)が増えています。顧客にとって必要なものとして、当社はベンダーに依存しない暗号化および鍵管理サービスを提供しています。当社は、クラウドとオンプレミスのベンダー全体で効率と運用回復力を高めるために、CSPやお客様と協働し、革新を進めています。

当社は、クラウドユーザーとしてお客様には、ベンダーのクラウドで保存され使用されるデータのセキュリティに対して責任があるという事実に常に焦点を当て、お客様向けの製品を開発しています。CipherTrust Cloud Key Management(CCKM:クラウド鍵管理)は、クラウドネイティブ鍵、BYOK鍵、HYOK鍵のリージョンを横断した単一の管理ポイントと、すべてのクラウド鍵管理サービスを管理するためのわかりやすいUIによって、お客様の時間とデータを保護します。

73%

パブリッククラウドベンダーに対して、セキュリティや回復力に関連する懸念を抱いている組織の割合

54%

クラウドデータの60%以上が機密データであると回答

62%

クラウド内のデータ保護に最適な技術として暗号化を選択

2023年Thales・データ脅威レポートの主な調査結果

 

クリック&デプロイのデータセキュリティ

最高クラスの暗号化および鍵管理サービスをクラウドから便利に導入し、よりシンプルでコスト効率がよく、管理しやすいセキュリティを実現します。

詳細を見る

 

暗号鍵はクラウドに保管されず、クラウドユーザーまたは信頼できる鍵管理プロバイダーによって保守されます。

– クラウドセキュリティアライアンス、EKM-04

クラウドプロバイダーとの共同イノベーション

AWS クラウドのパワーと俊敏性を利用しながら、データ主権と法的理由からキーの制御を維持します。 必要に応じてリンクを切断します。

あなたは顧客として、自分のデータを管理することができます。 EKM で、エンドポイントを確認し、キーを有効または無効にします。 誰があなたのデータにアクセスできるかを決定する最終的な裁定者はあなたです。

クラウドを横断して貴重なデータを管理する

義務の分離:
暗号鍵を対応するクラウドの外部で安全に保管することで、データとクラウドサービスプロバイダー(CSP)間で強制的に義務を分離します。

リスクの軽減:
データの機密性とコンプライアンスの義務に基づき、リスクに適した鍵管理制御とワークロード保護を適用します。

選択肢の最大化

クラウドを横断:
パブリッククラウドとプライベートまたはオンプレミスのデータインフラストラクチャのあらゆる組み合わせに対応します。

鍵ソースを横断:
CipherTrust Manager(CM)、Luna Network HSM、DSM、ネイティブ

鍵管理の所有権モデルを横断:
BYOK、HYOK、ネイティブ

 


 

効率と運用回復力の向上

プロセスとツールを使用して、クラウドやハイブリッド環境全体で鍵のライフサイクル管理を自動化します。

プロセスに含まれるもの:
鍵のライフサイクル管理、データ保護

ツールに含まれるもの:

  • クラウドを横断する単一のユーザーインターフェース
  • クラウドを横断する共通のAPI
  • 鍵の保管場所を単一の管理ポイントで管理

サポートされるパブリッククラウドと鍵管理の所有権モデル:

Amazon Web Services(AWS)KMSネイティブBYOK 
AWS CloudHSMネイティブ  
AWS XKS  HYOK
AWS ChinaネイティブBYOK 
AWS GovCloudネイティブBYOKHYOK
Google Cloud Platform CMEKネイティブBYOK 
Google Cloud Platform EKM  HYOK
Google Cloud Platform EKM UDE  HYOK-CC*
Google Workspace CSE  HYOK
Microsoft Azure CloudネイティブBYOK 
Microsoft Azure ChinaネイティブBYOK 
Microsoft Azure GovCloudネイティブBYOK 
Microsoft Azure Managed HSMsネイティブBYOK 
Microsoft Office 365 BYOK 
Oracle Cloud InfrastructureネイティブBYOKHYOK
Salesforce.comネイティブBYOKSalesforce.com
Salesforce GovCloud PlusネイティブBYOKSalesforce.com
Salesforce SandboxネイティブBYOKSalesforce.com
SAP Data CustodianネイティブBYOK 

*HYOK-CCはコンフィデンシャルコンピューティング向けのHYOKです
**キャッシュのみの鍵サービス

無限の革新を可能にするリパッケージ

コンプライアンスの簡素化

デジタル主権には、データと依存しているハードウェアおよびソフトウェアに関して、自身のデジタルにおける運命の制御を可能にするための3つの柱があります。

データ主権:ユーザーはデータの暗号化とアクセスの制御を維持し、各国のデータ主権法を遵守します。 GDPR、SCHREMS II、PCI-DSSなどのプライバシー規制への準拠を容易に実証します

運用主権:プロバイダーの運用の可視化と管理

ソフトウェア主権:プロバイダーのソフトウェアに依存することなくワークロードを実行します

ご興味はございますか?CipherTrust Cloud Key Managementについてお問い合わせください

CipherTrust Cloud Key Managementに関するよくある質問

クラウド鍵管理とは?

暗号鍵は、データがオンプレミスにあろうとクラウドにあろうと管理する必要があります。「クラウド鍵」とは、ビジネス機能を損なうことなく、クラウドのワークロード全体で暗号化による保存データの保護を可能にする暗号鍵です。Thales CipherTrust Cloud Key Manager(CCKM)は、クラウド管理者の業務を簡素化・合理化するコントロールを追加します。これにより、企業は安全な環境内でデータ暗号鍵を生成、保管、管理、保持することで、コンプライアンス要件とベストプラクティス要件を効率的に満たすことができます。

クラウド鍵管理があなたに与える影響とは?

クラウド鍵の管理者は、ネットワークに複数のクラウドが含まれる場合、各クラウドのユーザーインターフェースと用語を学び、それぞれ異なる鍵管理システムを管理する責任があります。また、それぞれ異なるクラウドサービスプロバイダー(CSP)の鍵管理サービス(KMS)鍵の有効期限をすべて記載したレポートを作成し、有効期限のX日前に通知を受け、有効期限が切れる前に鍵をローテートする責任を負うこともあります。

クラウドネイティブ鍵を使用する場合、対応する各KMSシステムの知識を学び、維持する必要があります。CipherTrust Cloud Key Manager(CCKM)などの集中型クラウド鍵マネージャーを選択した場合、ネイティブ鍵、BYOK鍵、HYOK鍵をリージョンを横断した単一の管理ポイントから管理するわかりやすいユーザーインターフェース(UI)を1つ習得するだけで済みます。

クラウド管理者の採用担当者は、ネットワークに複数のクラウドが含まれる場合、集中型クラウド鍵マネージャーを使用することで、CSPのKMS鍵ごとにスペシャリストを雇用する必要性をなくすという選択肢があります。

クラウドコンピューティングにおける鍵管理とは?

クラウドプロバイダーは、顧客がデータの安全性を確保できるようデータを暗号化することがあり、その際には暗号鍵が必要になります。 鍵管理とは、暗号化のための鍵を生成し、その鍵を安全に保管するという一般的なアイデアを指します。Key Management as a Service(KMaaS)により、企業は物理的なオンプレミスのハードウェア上でサービスを実行する代わりに、クラウドベースのソリューションを通じて暗号鍵をより効率的に管理することができます。 クラウドプロバイダーによっては、BYOKやHYOKを利用することで、顧客が独自の鍵を使用できるようにしています。

Google Cloud Platform EKMまたはCMEKとは?

Google Cloud Platformは、顧客管理型の暗号鍵(CMEK)を使用するBYOKと、外部の鍵管理サービス(EKM)を使用するHYOKの両方を提供しています。

クラウドKMSの仕組み

各クラウドサービスプロバイダー(AWS、Azure、GCPなど)は、顧客の利便性を考慮して独自の鍵管理サービス(KMS)を持っています。クラウドサービスプロバイダーの暗号化および鍵管理サービスはクラウド固有のものであり、クラウド管理者は使用している各クラウドベンダーの用語やクセを学ぶ必要があります。

クラウドベンダーは、KMSが生成した鍵マテリアルからデータ暗号鍵を内部的に導出するほか、外部ソース(BYOK鍵またはHYOK鍵)から鍵マテリアルを導出することもできます。

義務の分離を達成するため、データ主権法および規制要件により、特定の状況においてBYOK鍵またはHYOK鍵の使用が義務付けられています。

外部KMSを使用することで、クラウドに依存しないサービスを選択でき、クラウドネイティブ鍵の効率を高めることができます。また、適切な外部KMSを使用することで、クラウドとオンプレミスのベンダー全体で運用回復力を高めることができ、BYOK鍵およびHYOK鍵が提供されるため、データ主権法や規制要件を遵守することができます。

おすすめのリソース

CipherTrust クラウド キーマネージャー

CipherTrust クラウド キーマネージャーは、暗号化鍵を一元管理して可視化することで、お客様が鍵のライフサイクル全体を管理できるようサポートします。その結果、鍵管理がシンプルにしなり、運用コストが削減されます。

CipherTrust Cloud Key Management for SAP Applications

As enterprise data and workloads continue to migrate to the cloud, the need to keep sensitive data secure continues to grow. In a recent IDC Data Threat Report study, 50% of all corporate data is stored in the cloud of which 48% of that data is considered sensitive.

CipherTrust Cloud Key Management Solutions for Amazon Web Services

Cloud Key Management solutions for AWS can accelerate the ability of organizations to safely migrate sensitive data between AWS and on-premises infrastructures.

Thales Security Solutions for Google Workspace

Customers using Google Workspace Client-side encryption can achieve stronger security and lower deployment overheads by benefiting from Thales’s integrated end-to-end solution that controls encryption keys separate from their sensitive data in the cloud and protects identities.

CipherTrust Data Security Platform Key Management Solutions for Google

Thales collaborates with Google to accelerate safe migration of sensitive data between public cloud, hybrid and private IT infrastructures.

CipherTrust Cloud Key Management for SAP Applications in Google Cloud Platform

By adding CipherTrust Cloud Key Management, highly-regulated customers can externally root their encryption keys in a purpose-built hardware appliance, or generate their own encryption keys to be used by their SAP applications.

CipherTrust Cloud Key Management for SAP Applications in Microsoft Azure

With a significant footprint across the large enterprise community, SAP figures meaningfully in Azure migration discussions – both for the volume of customers that trust SAP applications and for the type of sensitive data they use.