Default banner

同時使用ソフトウェアライセンス

素晴らしいソフトウェアを開発し販売するにあたり、どのような種類のソフトウェアライセンス管理が貴社と貴社のクライアントにとって最適であるかを、しっかりと理解する必要があります。

ソフトウェアライセンシングソリューションは、ソフトウェアを不正使用から保護し、ソフトウェアを購入したユーザーに提供するエクスペリエンスの内容を決定する上で役立ちます。利用可能なソフトウェアライセンスモデルが多数存在しており、クライアントにどのようなライセンスを提供すべきかお悩みかもしれません。クライアントが大企業で、ソフトウェアの使用を必要とする従業員を多数抱えている場合、ユーザーごとにライセンスを購入すると高額な費用がかかる可能性があります。そこで、当社のSentinel HL Netのような同時使用ライセンスモデル(「ネットワークライセンス」または「フローティングライセンス」とも呼ばれます)の出番です。

同時使用ライセンスとは?

同時使用ソフトウェアライセンスは、同時に使用するユーザーの最大数に基づくライセンスです。例えば、企業が5個の同時使用ライセンスを購入した場合、最大5人の従業員がいつでもソフトウェアを使用することができます。

シングルデバイスまたはシートごとのライセンスモデルでは、クライアントはすべてのユーザーに対してライセンスを購入する必要があります。クライアント企業が、カリフォルニアのオフィスに従業員5人と、ロンドンのオフィスに従業員5人を擁する場合、勤務時間が重複することはめったにないため、一度に5つのライセンスのみが必要となります。シートごとのモデルでは、10個のライセンスを購入する必要がありますが、同時使用モデルでは、5個購入するだけで済みます。

同時使用ライセンスの長所と短所

同時使用ライセンスモデルには次のような利点があります。

  • 柔軟性:同時に使用するユーザーは、世界中のさまざまなデバイスや場所からソフトウェアにアクセスすることができます。これにより、新入社員へアクセスを簡単に移行することができます。
  • 無制限のアカウント数:同時使用ライセンスは、全体的なユーザー数に関連していません。そのためクライアントは、従業員が使用する可能性のある数のデバイス上で、必要な数のアカウントを開くことができます。
  • 費用対効果:企業は、特定の時間に使用されている数のライセンスに対してのみ費用を支払います。これは、同時使用するソフトウェアに多数の従業員がアクセスできる必要があるが、アクセスの頻度がそれほど高くない場合に特に有益です。なお、同時使用ライセンスには次のような欠点があります。
  • ピークキャパシティの決定:同時使用ライセンスを購入する場合、企業は同時アクセスが必要な従業員の数を決定する必要があります。この数の決定は難しい場合もあります。推測を間違うと、従業員が必要なときにネットワークライセンスにアクセスできなくなる可能性があります。これにより、ワークフローが大幅に中断され、生産性が低下する恐れがあります。
  • 初期投資:同時使用ライセンスの費用対効果は、最初の段階では不明瞭です。多くの場合、初期費用はシートごとのライセンスよりも高くなります。しかし、同時使用ライセンスが会社にとって適切なモデルであれば、投資した費用を十分に回収することができます。

では、ソフトウェア会社として、クライアントに同時使用ライセンスモデルを提供する価値があるのはなぜでしょうか?より柔軟性のある製品を提供することで、クライアントの満足度を大きく向上させることができます。中には、貴社のソフトウェアにアクセスする必要があるすべての従業員のために、シートごとのライセンスを購入することができない企業も存在することでしょう。同時使用ライセンスソリューションは、そのような企業がまさに求めているものであり、貴社とクライアントの両方にメリットをもたらします。