Thales background banner

SafeNet IDCore Java Card

柔軟で信頼できるオープンプラットフォーム

SafeNet IDCoreスマートカードは、接触型テクノロジーと非接触型テクノロジーを組み合わせるオプションを提供する柔軟なプラットフォームです。同じカードを使用して、組織全体の物理的設備と論理情報資産の両方にアクセスできます。

妥協のないセキュリティ

Javaオペレーティングシステムを使用するSafeNet IDCoreスマートカードは、高度なマイクロコントローラーを組み込んでおり、強力なセキュリティ認証を取得しています。SafeNet IDCore Java Card OSは、サイドチャネル攻撃、侵襲的攻撃、高度な障害、その他の種類の攻撃といったさまざまな脅威に対する対策を実装することを目的に、業界をリードするセキュリティチームによって開発されました。SafeNet IDCore Java Cardは、FIPS 140-2レベル3やCC EAL5+ / PP Javacardなど、業界の非常に厳格なセキュリティ認証を取得しています。

柔軟なモジュラー型アーキテクチャ

SafeNet IDCoreソリューションは、プラットフォームをアプリケーションから分離するオープンOSアーキテクチャを介して簡単かつ迅速に更新できます。このパーティショニングにより、最初にカードを発行した後でも、移行の制約が軽減されます。準拠アプリケーションをロードでき、既存のアプリケーションと互換性のあるカードを迅速に作成できます。Java Cardクノロジーは、迅速なプロトタイピングと実装を伴うアプリケーション開発のための高速なデプロイメントサイクルを提供します。

費用のかかる長期の再マスキングは必要なく、シンプルに新しいアプレットがJava Cardメモリにロードされます。さらにこのテクノロジーは、複数のセキュリティドメインのおかげで、発行者、アプリケーションプロバイダー、オペレーター間のさまざまなビジネスモデルを可能にします。SafeNet IDCoreの仮想マシンは、セキュリティを損なうことなくソフトウェアのパフォーマンスを最大化するよう高度に最適化されています。最新世代の高性能マイクロコントローラーが組み合わされ、市場で出回る中でも最速のJavaオープンプラットフォームの1つを提供します。

SafeNet IDCore カードを見る

画像

SafeNet IDCore 3140

SafeNet IDCore 3140は、Java Card3.0.4およびGlobal Platform 2.2.1標準に準拠したデュアルインターフェースのオープンスマートカードです。また、SafeNet IDCore 3140は一部のNFCリーダーと互換性があります。強化された暗号化サポートを提供するこのスマートカードは、JavaプラットフォームにはCC EAL6+/PP Javacard認証を、チップにはCC EAL6+認証を取得しています。

画像

SafeNet IDCore 140

SafeNet IDCore 140は、Java Card3.0.4およびGlobal Platform 2.2.1標準に準拠した接触型オープンスマートカードです。強化された暗号化サポートを提供するこのスマートカードは、JavaプラットフォームにはCC EAL6+/PP Javacard認証を、チップにはCC EAL6+認証を取得しています。

画像

SafeNet IDCore 3130

SafeNet IDCore 3130は、SafeNet IDCoreシリーズの最新システムで、JavaCardテクノロジー標準の最新版のメリットを受けています。Java Cardプラットフォームは、オープンなマルチアプリケーションカードとしてタレスから入手でき、IDやセキュリティ/アクセスなどの市場に最適です。デュアルインターフェースの公開鍵Java Card(RSAと楕円曲線暗号の両方をサポート)で、大規模なグローバル組織によって展開されているものを含む、長期のマルチアプリケーションプログラムの高度なセキュリティ要件を満たしています。SafeNet IDCore 3130はFIPS 140-2レベル3認証を取得しており、最新の国際規格に準拠しています。

画像

SafeNet IDCore 130

SafeNet IDCore 130はデュアルインターフェースの公開鍵Java Card(RSAと楕円曲線の両方をサポート)で、大規模なグローバル組織によって展開されているものを含む、長期のマルチアプリケーションプログラムの高度なセキュリティ要件を満たしています。SafeNet IDCore 130はFIPS 140-2レベル3認証を取得しており、最新の国際規格に準拠しています。