Banner Default Image

セキュアな電子送り状発行

モバイル-ファイナンス-アイコン

信頼性は電子請求書の発行を行う上で欠かせない要素です。暗号化公開鍵基盤(PKI)を利用したデジタル署名は、安全に電子請求書を発行するための手段として使用されています。デジタル署名が何らかの形で危険にさらされると、電子請求書インフラストラクチャ全体が危険にさらされます。

デジタル署名を侵害から保護するには、デジタル署名自体の中心にある暗号鍵を安全に保つメカニズムが必要です。そのため多くの企業では、ハードウェアセキュリティモジュール(HSM)を用いて電子請求書の発行に使用される秘密鍵を保護しています。

電子請求書発行のためのタレスのハードウェアセキュリティモジュール

hsm

SafeNetのハードウェアセキュリティモジュール(HSM)は、デジタル署名の中心となる暗号鍵を物理的および論理的に保護する専用システムです。

電子請求書の発行にあたりHSMは次のように使用されます。

  • 電子請求書は安全な秘密署名鍵によってデジタル署名され、これには認証局の管理タスクを実行できるHSMが必要となります。
  • HSMは鍵のライフサイクル全体を通して、アプライアンスの安全な範囲内に鍵を保存します。
  • HSMを使用することでデジタル認証された請求書を保護し、認証者のIDを請求書に暗号によってバインドすることができます。

HSMは暗号鍵を一元化され強化されたデバイスに保存することで、暗号鍵を安全性の低い他のプラットフォームに保存することに伴うリスクを排除します。さらにこの一元化により、セキュリティ管理を大幅に効率化することができます。

SafeNetのHSMによって電子請求書の発行を保護するメリット:

  • 請求書の整合性を確保
  • 受取と出所の否認防止
  • 安全な電子トラッキングとストレージ
  • 大量の請求書に対応する拡張性
  • セキュリティ強化とコンプライアンス確保
  • コスト削減
  • FIPSおよびコモンクライテリア認定取得

ホワイトペーパーを入手

Risk Management Strategies for Digital Processes - White Paper

Risk Management Strategies for Digital Processes with HSMs - White Paper

An Anchor of Trust in a Digital World Business and governmental entities recognize their growing exposure to, and the potential ramifications of, information incidents, such as: Failed regulatory audits Fines Litigation Breach notification costs Market set-backs Brand...