Sensitive Data Discovery and Classification

機密データの検出と分類

一括管理を通して機密データを効率的に検出して分類し、データとそのリスクを明確に把握し、ギャップを埋めるためのアクションを実行します

CipherTrust Data Discovery and Classification(機密データの検出と分類)

企業は、タレスのCipherTrust Data Discovery and Classification(DDC:データ検出と分類)を使用することで、機密データが完全に可視化されるため、クラウド、ビッグデータ、従来型の環境といった企業内の異種データストアにわたって効率的にデータを検出および分類し、リスク分析を行うことができます。

簡単に展開して使用でき、一括管理を通して、保持している機密データの種類、保存場所、漏洩リスクを明確に把握することができます。豊富な可視化機能と詳細なレポート機能により、ギャップをより簡単に発見して解決し、サードパーティとのデータ共有やクラウド移行についてより適切な意思決定を行い、GDPR、CCPA、PCI DSS、HIPAAなどのデータプライバシーやセキュリティ規制に積極的に対応することができます。

 

詳細やデモの予約をご希望の場合は、お問い合わせフォームにご記入ください

  • メリット
  • 特徴
  • 仕様

企業全体のデータプライバシーのための効果的なソリューション

タレスのCipherTrust DDCは、オンプレミスやクラウド内の構造化された機密データと非構造化された機密データを効率的に識別します。このソリューションは、エージェントレス型とエージェント型の両方の展開モデルをサポートしており、規制対象のデータの迅速な識別を可能にし、セキュリティリスクを強調し、コンプライアンスのギャップを発見する内蔵テンプレートを提供します。合理化されたワークフローによりセキュリティの盲点が明らかになり、修復にかかる時間が短縮されます。また、詳細なレポートがコンプライアンスプログラムをサポートし、経営陣とのコミュニケーションを促進します。

完全な可視性と制御

豊富な視覚化機能と詳細なレポート機能を備えた一元化されたコンソールにより、機密データとそのリスクを明確に把握することができます。これにより企業は、デジタルトランスフォーメーションを実行する前に、プライバシーのギャップを発見して解決し、修正に関する優先順位を付け、サードパーティとのデータ共有やプライバシーに関する懸念について、情報に基づいた意思決定を行うことが容易になります。

コンプライアンス遵守を加速

コンプライアンス遵守の重要な最初のステップは、機密データの構成要素、データの保存場所と保存方法、データにアクセスできる人を把握することです。効率的なスキャン機能により、データのプライバシーとセキュリティ全体における強力な基盤を構築できます。詳細なレポートと視覚化されたグラフは、コンプライアンスチームが監査人や規制当局に対してコンプライアンス遵守を実証できるようサポートします。

検出から修正までを一括管理

タレスのCipherTrust DDCは、CipherTrust Manager(CM:暗号鍵管理とポリシー設定)と統合されているため、このソリューションを採用することで、IT企業はデータのプライバシーとセキュリティを一元管理することができます。企業は一括管理を通してポリシーを設定し、それらのポリシーに準拠または違反しているデータを発見し、データを分類し、リスクをランク付けし、修正を適用することができます。

エージェントレス型とエージェント型の両方の展開をサポート

タレスのCipherTrust DDCは、エージェント型とエージェントレス型の展開モードで利用できます。これにより、セキュリティ部門とIT部門は、総保有コストを削減しながら、エージェント型ソリューションとエージェントレス型ソリューションを効率的に組み合わせて、最適な結果を実現することができます。

1つのソリューションで企業全体の構造化データと非構造化データに対応

複数のベンダーから別々のソリューションを購入する必要はありません。タレスのCipherTrust DDCは、ファイルサーバー、データベース、クラウドアプリケーションとストレージ、ビッグデータ環境、従来型データベースにわたって、ほとんどのタイプのデータを効率的に特定することができます。

GDPR、CCPAなどのさまざまな規制に対応したテンプレートを内蔵

内蔵テンプレートを使用することで、規制対象のデータを素早く見つけて分類できるため、迅速に作業を開始できます。また、独自の要件に基づいて独自のテンプレートを作成することもできます。

データストア

  • ホスト上のローカルストレージとローカルメモリ
  • ネットワークストレージ
    • Windows Share(CIS/SMB)
    • UNIXファイルシステム(NFS)
  • データベース
    • IBM DB2
    • Oracle
    • SQL
  • ビッグデータ
    • Hadoopクラスター

サポートされているファイルの種類

  • データベース: Access、dBASE、SQLite、Microsoft SQL MDF、LDF
  • 画像: BMP、FAX、GIF、JPG、PDF(埋め込み)、PNG、TIF
  • 圧縮: bzip2、gzip(すべてのタイプ)、tar、zip(すべてのタイプ)
  • Microsoft バックアップ アーカイブ: Microsoft Binary / BKF
  • Microsoft Office: v5、6、95、97、2000、XP、2003以降
  • オープンソース: StarOffice / OpenOffice
  • オープン標準: PDF、HTML、CSV、TXT

識別されるデータのタイプ

  • ヘルスケア(オーストラリアのメディケアカード、ヨーロッパのEHIC、米国の健康保険請求番号など)
  • 金融(American Express、Diners Club、Mastercard、VISAのカード番号、銀行口座番号など)
  • 個人(姓、名、住所、生年月日、Eメールなど)
  • 国民ID(社会保障番号、スペインのDNIなど)

あらかじめ構築されたテンプレート

このソリューションには、一般的な規制やビジネスポリシーの要件への準拠をサポートする、すぐに使用可能な様々なテンプレートが含まれています。規制の例として以下が挙げられます。

  • CCPA
  • GDPR
  • HIPAA
  • PCI DSS
  • PII
  • PHI

サーバー要件

  • 16GB以上のRAM
  • 1GB以上のネットワークインターフェースの接続容量
  • Related Resources