Banner Default Image

ソフトウェアライセンスモデル

Sentinel ライセンシングソリューションを使用することで、製品に複数のライセンスモデルを柔軟に追加し、要件に応じてさまざまなタイプのライセンスを生成することができます。これらのソリューションにより、特定の顧客や地理的な場所に対して、さまざまなソフトウェアライセンスモデルを定義できるようになります。

ライセンスモデルには、顧客がソフトウェアをどのように使用できるかを定義する、さまざまなパラメータが組み合わされています。ライセンスモデルは、さまざまなライセンス属性を論理グループにマッピングし、論理グループは、保護されたアプリケーションの展開方法と使用方法を定義します。これらの属性は、ライセンスを構成する一般的に定義されたプロパティ(名前、データの種類、可能な範囲など)です。

顧客のニーズや要望に基づき、さまざまなタイプのソフトウェアライセンシングモデルを提供することで、最終的に企業が、顧客の共感を得られるサービスを提供できるようサポートします。Sentinelがお届けする最も一般的なソフトウェアライセンスには、次のような種類があります。

 

ソフトウェアライセンシングモデルの種類
 

永久ライセンス

永久ライセンスは、最も伝統的なソフトウェアライセンシングモデルです。このモデルでは、顧客はソフトウェアを1度購入すると、そのソフトウェアを永久に保持することができます。顧客は通常、ライセンスに対して事前に全額支払い、必要に応じて年間のメンテナンス料金を支払います。このライセンスの利点の1つは、サブスクリプションモデルのように価格変更の影響を受けることなく、支払い額を正確に把握できることです。永久ライセンスの購入後、企業は多くの場合、自社サーバー上でソフトウェアをホストします。今日、多くの企業が従来の永久ライセンスから、より柔軟なサブスクリプションモデル(Microsoft Office Suiteなど)に移行しています。

同時使用ライセンス

多くの事業主は、従業員のために複数のライセンスを簡単に購入できるソフトウェアライセンシングモデルを探し求めています。企業は同時使用ライセンスにより、貴重なコストや時間を無駄にすることなく、一括ライセンスを購入することができます。同時使用ライセンスでは、1つのライセンスコードを複数のユーザーが使用できるため、企業はソフトウェアライセンスを簡単に管理できるようになります。

サブスクリプションベースのライセンス

サブスクリプションベースのライセンシングは、特に今日の消費者市場で、最も人気のある種類のソフトウェアライセンスの1つになっています。Spotify、Adobe、Netflixなどの企業は、このソフトウェアライセンシングモデルを使用して大成功を収めています。顧客は以前からこのようなシステムに慣れ親しんできたため、このモデルに対する顧客満足度は特に高くなっています。サブスクリプションベースのライセンス契約では、顧客の信頼と満足度を高めるセルフサービス機能の使用が可能になります。さらに、顧客は、使用料が請求されるタイミング(毎月、毎年など)を正確に把握することができます。

プロプライエタリライセンス

今日あるソフトウェアライセンシングモデルのほとんどは、プロプライエタリライセンスです。プロプライエタリライセンスでは、ソフトウェア発行者がソフトウェアの完全な所有権を維持しながら、顧客が(タイプにかかわらず)ライセンスを通じて、ソフトウェアを使用する権利を購入することができます。顧客がプロプライエタリライセンシングモデルでソフトウェアを購入する場合、会社や個人は利用規約に同意する必要があり、ソフトウェアの所有権は引き続きプロバイダーが保持します。例えば、Microsoft Windowsがこの一例となります。このタイプのソフトウェアライセンスは、タレスのSentinelシリーズが提供する任意のソフトウェアライセンシングモデルと組み合わせて使用できます。

フローティング機能ライセンス

フローティング機能ライセンスを使用することで、顧客は複数のライセンスを購入すると同時に、ユーザー間で特定の機能の使用を制限することができます。このソフトウェアライセンシングモデルにより、企業は機能の使用と選択に柔軟性を持たせることができるため、確実にコストを削減することができます。

機能ベースのライセンス

非常に柔軟なタイプのライセンス契約を顧客に提供したいとお考えの場合は、機能ベースのライセンスが最適です。このモデルでは、各ライセンスコードで使用できる機能を完全に制御できるため、企業やユーザーのニーズに応じてパーソナライズが可能になります。

ネットワークライセンス

顧客がソフトウェアを使用したいものの、一貫したインターネットアクセスを利用できない場合、ユニークな状況が発生します。これにより、ユーザーがアクセスできる機能の制御や、ライセンス使用の監視などで問題が発生する可能性があります。このような状況に最適なソフトウェアライセンシングモデルは、ネットワークライセンスです。Sentinelは、インターネットアクセスが利用できない場合でも、使用状況を監視できるライセンシングソリューションを提供します。

クラウドベースのライセンス

クラウドベースのライセンスはユーザー中心のオプションとして、いつでも、どこでも、アクセスを提供します。さまざまなタイプのクラウドベースのソフトウェアライセンスモデルがありますが、サブスクリプションライセンスが最も一般的です。クラウドライセンスの成功例の1つは、salesforce.comです。クラウドベースのライセンスは、既存のオンサイトライセンシングプラットフォームから構築する場合や、新たなシステムを構築する場合に最も機能を発揮します。非クラウドライセンスをクラウドベースのものに移行することは、あまりお勧めしません。


現在利用可能なさまざまなタイプのソフトウェアライセンシングモデルを理解することで、企業は成長し、顧客のニーズに応じて柔軟性を提供できるようになります。クラウドベースのライセンスを統合することで、企業の効率を維持しながら、顧客満足度と収益性を向上させることができます。タレスのSentinelは、顧客のニーズにしっかりとマッチしたソフトウェアライセンシングモデルを提供することを目標としています。当社のさまざまなタイプのライセンスにより、大小を問わずすべての企業が、自社と顧客の両方に合った完璧なシステムを構築できるようサポートします。

Trends and Predictions for the Software Licensing Market Through 2025 - Report

Frost & Sullivan Software Licensing Trends Through 2025 - Report

Why does Sentinel dominate the software licensing world? “The need to optimize…through Software Licensing & Monetization solutions has become business critical.” - Frost & Sullivan Trends and Predictions for the Software Licensing Market Through 2025 Download the...

ソフトウェアライセンスを初めて正しく取得する方法-ホワイトペーパー

ソフトウェアライセンスを初めて正しく取得する方法-ホワイトペーパー

ソフトウェアのライセンス供与、配信、保護のプロセスをナビゲートするための実用的なガイドを確認してください。ソフトウェアライセンスを最適化することの重要性を発見してください。 初めて正しく理解するために必要な専門知識で、よくある間違いを避けてください。 ソフトウェアライセンスを最適化することで、新しい革新的な収益ストリームを作成し、顧客により良いエクスペリエンスを提供すると同時に、運用効率を高め、顧客が製品をどのように使用しているかについての洞察を得ることができます。 学ぶためにレポートをダウンロードしてください:...