Thales background banner

ソフトウェアの使用状況の追跡とレポート

多くの企業は特定のニーズにマッチするソフトウェアの購入、開発、ライセンシングに多大なリソースと資金を投資しています。ソフトウェアの実装後は、ソフトウェアの使用状況の追跡が不可欠です。 

ソフトウェアの使用状況の追跡、レポート、監視は、従業員や顧客によるソフトウェアプログラムの使用状況を分析するプロセスです。企業は使用状況を監視することで、ソフトウェアがいかにして使用されているかを理解することができます。これにより、より効率的なサービス提供が可能になり、特定のソフトウェアプログラム内の不要なプログラム、ツール、機能を排除することができます。そのため、企業は使用状況の追跡ツールを利用することで不要なコストを排除し、費用を節約することができます。

また、使用状況を監視・追跡することにより、雇用主は従業員をよりよく理解することができます。とある従業員がソフトウェアプラットフォームの特定の機能を使用していない場合、その従業員は特定のスキルや知識が不足している可能性があります。また、これらの従業員にさらなるトレーニングが必要であることを示している可能性もあります。さらに、勤務中に従業員がどのように時間を過ごしているか、どのようなソフトウェアツールを使用しているか、仕事に集中しているかどうかなどを把握することができます。ソフトウェアの使用状況の監視は、効率的かつ効果的でスマートなチームを構築するために不可欠です。 

  • メリット
  • ソリューション

ソフトウェアの使用状況の追跡とレポートの主なメリット

ソフトウェアの使用状況を監視・追跡することにより、従業員の業務習慣、スキル、効率などについて優れた洞察を得ることができます。また、顧客をより深く理解すると同時に顧客サービス、効率、ライセンシングの自動化、顧客とのコミュニケーションなどを最大限に向上することができます。

  • 生産性とセキュリティの最大化
    ソフトウェアの使用状況を追跡することにより、雇用主は従業員が使用しているソフトウェアを把握することができます。これには、企業のセキュリティを危険にさらす可能性のある、コンピュータにダウンロードされた未承認のソフトウェアが含まれます。ソフトウェアの使用状況追跡ツールを使用することで、従業員のコンピュータから不要なソフトウェアを削除して、生産性を向上させることができます。
  • 従業員のソフトウェアの使用を常に管理
    適切なツールを使用することで、従業員が自身のコンピュータやその他のデバイスでソフトウェアをどのように使用しているかを特定することができます。これには使用しているアプリケーションの種類、使用期間、会社にかかるコストなどが含まれます。これらの情報を使用することにより、特定のアプリケーションを変更する必要があるか、また、会社が不要なソフトウェアに無駄な費用を費やしているかを把握することができます。
  • 効率的なライセンシングプラン
    非常に効率的なライセンシングプランであったとしても、未使用のライセンスと資金を無駄にしてもかまわないと考える企業は存在しません。ソフトウェアの使用状況を分析・管理することで、未使用のライセンスの特定が可能になります。これにより、ライセンス契約に従って未使用のライセンスを排除したり、将来のライセンス計画を変更したりすることができます。また、ソフトウェアの使用状況の追跡は、企業内の冗長なソフトウェア(例えば、さまざまなアプリケーションでの同様の機能)を特定する上で役立ちます。これにより、将来的にライセンスやソフトウェア製品を更新するかどうかを決定できるようになります。
  • 従業員の知識とスキルに関する情報
    ソフトウェアの使用状況を監視することで、特定の用途に応じて従業員間のソフトウェアの割り当てを再度行うことができます。知識不足により従業員がソフトウェアやアプリケーションを使用していない場合は、ソフトウェアの使用状況分析によってそれを発見し、さらなるトレーニングを割り当てることができます。またこれらの情報は、ライセンスをできるだけ具体的に割り当てることができるように、各種の機能を必要としている部門や従業員についての洞察も提供します。

Sentinelソフトウェア収益化ソリューションによるソフトウェアの使用状況の追跡とレポート

Sentinelではライセンシングから追跡、分析に至るまで、ソフトウェアに関する企業のあらゆるニーズを満たすことを目標としています。当社のソフトウェア使用状況追跡ツールは、ライセンシングパッケージに欠かせない要素です。これにより、ライセンスを簡単に付与できるだけでなく、ソフトウェアを1か所で分析および管理することができます。当社の資格管理ソリューションを使用することで、1つのソフトウェアプログラム内で利益と生産性を簡単に最大化することができます。

資格管理ソリューションSentinel EMSにより、1つの使いやすいプラットフォームからライセンシングシステムを実行できるようになります。このシステムはWebベースであり、ビジネスオーナーは1つのプラットフォームからソフトウェアの使用状況の追跡、レポート、ライセンシングオプションなどにアクセスすることができます。ユーザーは使用状況の追跡およびレポートツール内で、ソフトウェア上での機能の使用状況を把握し、購入済みライセンスのコンプライアンスを確認できるほか、価格設定などのビジネス上の決定を評価し、ユーザー通知を送信することができます。Sentinel LDKを採用するユーザーには、ソフトウェアの使用状況追跡システムの一部としてSentinel EMSが提供されます。

またユーザーは、使用されていないライセンスとプランを具体的に特定することで、ビジネスの洞察を得ることができます。このソフトウェアを使用することにより資格の追跡、アクティベーションの監視、ユーザー通知の送信が可能になります。当社はこれまでの経験から、適切なライセンシングにより顧客を理解することは、成功を収まる上で最も重要な要素の1つであることを認識しています。また、ソフトウェアの使用状況を監視することにより、損失を特定し、ユーザーが予定どおりにパッケージを更新していることを確認できるようになります。

develope recurring revenue

増収と顧客満足度アップを両立 パート2: リカーリングレベニューへの完全な移行を 実現する

『増収と顧客満足度アップを両立』のパート1 で取り上げたように、現在、世界的な傾向として各企業は、収益 を伸ばしながら並行して顧客満足度の改善を図る手段としてリカーリングレベニューセールスモデルを最優先 事項に位置づけています。 大規模ながら1回限りのセールスモデルから、継続的なリレーションシップベースのリカーリングレベニューモ デルへの移行は、経営・ビジネスのあらゆる面に影響を及ぼします。また、よく考え抜かれた価格設定戦略と、 しかるべきテクノロジーも必要になるでしょう。

sentinel ldk

Sentinel LDK - Product Brief

Out-of-the-box Software Protection, Licensing, and Entitlement Management Solution

HERTA Security、自社製ライセンシング をジェムアルト Sentinel に換え、 知的財産保護、データ暗号化、 新たな収益モデル構築を達成

HERTA Security、自社製ライセンシング をジェムアルト Sentinel に換え、 知的財産保護、データ暗号化、 新たな収益モデル構築を達成

通り、あるいは空港、スタジアム、電車の駅のような場所にいる 群衆をスキャンすることによって、安全とセキュリティに脅威を 与える個人を自動的に特定できるソフトウェア技術を想像してくだ さい。人があなたの店に足を踏み入れたら、デモグラフィックスを 即座に特定できて、そのデータを用いてその人固有のニーズを満た し、サービスを向上させるというマーケティングの世界を想像して ください。HERTA社のソフトウェア製品はこのすべてを可能にしま す。自社製ライセンシング システムを、強力な暗号化、より多くの ビジネス モデル...