Thales background banner

ソフトウェア保護&ライセンシングソリューション

ソフトウェアの著作権侵害は、ソフトウェアを違法にコピー、販売、共有、または配布したときに発生します。複数のコンピューターにシングルユーザーライセンスをインストールするという限定的なケースから、オンラインでの拡大した配布という慢性的な問題までさまざまな事例があり、理論的根拠や配信方法に関係なく、これらは依然としてソフトウェアの著作権侵害となります。

今日では、コンピューターの使用者のほとんどが、ソフトウェアの不正使用や複製が違法であることを認識しています。しかし、一般的に多くの人々は、ソフトウェアを貴重な知的財産として扱うことの重要性を軽視する傾向にあり、世界のコンピューター使用者の半数以上(57%)が、ソフトウェアを違法にコピーしたことがあると認めています。そのうちの31%が「常に」、「ほとんどの場合」、または「たまに」同不正行為を行っていると答え、その他の26%は、ソフトウェアの盗用は認めていますが「まれに」であると答えています。これらは、第9回BSA世界ソフトウェア違法コピー調査の一環として、33か国に住む15,000名近くのコンピューター使用者を対象に実施された調査の結果の一部です。

BSA(ビジネスソフトウェアアライアンス)によると、ライセンスのないソフトウェアに潜むマルウェアは、世界中の企業に年間約3,590億ドルの損害を与えており、ライセンスのないソフトウェアは、パソコンにインストールされているソフトウェアの37%を占めています。

著作権侵害対策に関する検討事項

  • コストと強度 — 著作権侵害対策を検討するにあたり、ソリューションのコストと全体的な強度は分析すべき重要な要素です。
  • 開発にかかる総時間 — 著作権侵害対策ソリューションの実装に必要となる時間も重要な検討要素です。著作権侵害対策テクノロジーは、市場投入までの時間が限られている場合、開発サイクルの最後に実装されることがよくあります。
  • 地理的な位置 — ベンダーは、ソフトウェア販売のための地理的な位置も考慮する必要があります。ソフトウェアの著作権侵害率が非常に高い地域でアプリケーションを販売する場合、著作権侵害対策によるソフトウェア保護を最大限に組み込むことは実践する価値があります。Sentinelソフトウェア保護ソリューションを使用すると、開発の変更を必要とすることなく、フルフィルメント時にセキュリティレベルを簡単に変更できます。
  • 利用可能なリソース - 開発者が必要な保護を追加できるようにするために、利用可能な全体的なリソースを考慮する必要があります。

 

ソフトウェアの著作権侵害の種類

  • ソフトリフティング: ソフトウェアのライセンスのあるコピーを1つ購入し、ライセンス条項に反して、それを複数のコンピューターにロードすること。例えば、友人や同僚などとソフトウェアを共有すること。
  • アップロードとダウンロード:オンラインサービスプロバイダーやインターネットにモデムで接続しているエンドユーザーに、著作権で保護されたソフトウェアの不正コピーを利用できるようにすること。
  • ソフトウェアの偽造:合法的に見えるよう設計された形式で、著作権で保護されたソフトウェアを不正に複製し販売すること。
  • OEMアンバンドリング:特定のハードウェアに付属して販売されるはずのソフトウェアを単体で販売すること。
  • ハードディスクへのローディング: 多くの場合に、エンドユーザーが特定のハードウェア販売者からハードウェアを購入する見返りとして、ソフトウェアの不正コピーをパーソナルコンピューターのハードディスクにインストールすること。
  • レンタル:ビデオのように、一時的な使用を目的としてソフトウェアを不正に販売すること。

 

ソフトウェアの著作権侵害にまつわる迷信と事実

1.ソフトウェアの著作権侵害は被害者なき犯罪である - これは、全くもって事実ではありません!業界の統計によると、違法なソフトウェアの使用により、世界中の開発者に対して年間600億ドル以上の損失が生じており、北アメリカだけで100億ドル以上が失われています。中央ヨーロッパおよび東ヨーロッパでは、使用されているソフトウェアの平均61%が違法のものです。アジア太平洋および東ヨーロッパの一部の市場では、ソフトウェアの90%に適切なライセンスが与えられていません。

2.ソフトウェアの違法コピー防止対策によりソフトウェアの価格が高くなる - 逆に、ソフトウェアの違法コピー防止対策にかかるコストは、ソフトウェアの違法コピーによって開発者が被る損失と比較してごく僅かです。実際のところ、開発者はソフトウェアを保護し、それによって収益を増やすことで、より優れたソフトウェアを競争力のある価格で提供することができます。確かに、ソフトウェアの違法コピーを行うすべての人が、同ソフトウェアが保護されている場合はそれを購入するとは限らず、保護対策によって潜在的な顧客が少なくなる可能性があります。しかし、ほとんどの場合、保護対策に投資することで、売上と利益の増加という見事な結果につながることは間違いありません。

3.ソフトウェアの違法コピー防止対策が正当なユーザーの作業を妨げる - より洗練された新たなタイプのソフトウェア違法コピー防止対策(HASPはその代表的な例です)が、正当なエンドユーザーの作業を妨げることはなく、実際には正当なエンドユーザーに利益をもたらします。違法コピー防止対策によってソフトウェアの完全性を保護することで、ソフトウェアがいかなる方法でも改ざんされないことを保証します。さらに、開発者の収益が増大するということは、将来的にユーザーは、より優れた高品質のソフトウェアから利益を得られるということを意味します。購入したソフトウェアに対して法的責任を負う大規模な企業は、ソフトウェアの不正な配布を防止することに明確な関心を持っています。多くの場合、ソフトウェアが不正に使用されないようにし企業に損害が生じるのを防ぐため、ユーザー自身がソフトウェアの保護を求めています。

4.安価なソフトウェアはコピーされない - 一部の人々は「価格の安いソフトウェアを作ればいい。安価なソフトウェアをコピーする者などいないし、ソフトウェア会社は製品をより多く販売できるようになる」と主張して、ソフトウェア保護に対して異議を唱えます。しかし、物事はそれほど単純ではありません。ソフトウェア製品の開発には多大な時間と費用を投資する必要であり、この作業に決して終わりはありません。今後の市場で成功するには、開発者は今すぐに投資を行う必要があります。「人々が安価なソフトウェアをコピーすることはない」という主張は、明らかに誤りです。周辺のパソコンをチェックしてみれば、コピーされたプログラムのほとんどが実際には安価なものであることに気づくはずです。

5. どんな保護システムも破られる可能性があるため、ソフトウェアの違法コピー防止対策は役に立たない - この迷信の最初の部分のみが真実です。金庫をピッキングで開錠したり、ドアを壊したりできるのと同じように、どんなソフトウェア保護システムも破られる可能性があります。しかし、ソフトウェアの違法コピー防止対策の目的は、合理的な期間にわたり保護を提供することです。ソフトウェアを永久に保護することはできませんが、同製品の新バージョンがリリースされるまでの期間にわたって保護することは可能です。この新バージョンは、並行して改善された保護システムを使用して再度保護する必要があります。これにより、保護されたアプリケーションの長期的で収益性の高い販売寿命が保証されます。

Trends and Predictions for the Software Licensing Market Through 2025 - Report

Frost & Sullivan Software Licensing Trends Through 2025 - Report

Why does Sentinel dominate the software licensing world? “The need to optimize…through Software Licensing & Monetization solutions has become business critical.” - Frost & Sullivan Trends and Predictions for the Software Licensing Market Through 2025 Download the...

ソフトウェアライセンスを初めて正しく取得する方法-ホワイトペーパー

ソフトウェアライセンスを初めて正しく取得する方法-ホワイトペーパー

ソフトウェアのライセンス供与、配信、保護のプロセスをナビゲートするための実用的なガイドを確認してください。ソフトウェアライセンスを最適化することの重要性を発見してください。 初めて正しく理解するために必要な専門知識で、よくある間違いを避けてください。 ソフトウェアライセンスを最適化することで、新しい革新的な収益ストリームを作成し、顧客により良いエクスペリエンスを提供すると同時に、運用効率を高め、顧客が製品をどのように使用しているかについての洞察を得ることができます。 学ぶためにレポートをダウンロードしてください:...