Thales banner

企業向けソフトウェアライセンシング

企業向けソフトウェアライセンシングとは?

企業向けソフトウェアライセンシング企業では、毎日大量のソフトウェアが使われています。平均的に、企業組織全体で数十から数百種類のソフトウェアが常時稼動していると言われます。  ソフトウェアは、企業を効率的に運営するために必要不可欠なものですが、ソフトウェアライセンシングは企業にとって難しく、混乱を招きやすいものです。

ライセンスを適切かつ合法的に使用するためには(あらゆる企業にとっての重大な懸念事項です)、ライセンスと制限についてまず理解する必要があります。現在、さまざまな企業向けソフトウェアライセンシングモデルが提供されており、企業にとって便利かつ経済的な方法でライセンスを購入・展開することができます。この記事では、ソフトウェアライセンスの様々な種類、企業向けライセンスの仕組み、企業向けライセンスとユーザーライセンスの違いなどについて説明します。

企業向けソフトウェアライセンスとは?

企業は、通常さまざまな部門に多数の従業員を抱えています。SaaSソフトウェアへの依存度が高まっている今日、ソフトウェアに対するニーズが企業内のメンバーごとに異なる場合があります。

企業向けソフトウェアライセンスは、企業がソフトウェアベンダーから最も理にかなったタイプのライセンスを購入し、企業のニーズに応じて展開する柔軟性を提供します。これは、企業が業務効率を向上させ、ビジネスインサイトを獲得し、収益機会を獲得する上で重要なことです。特に企業を対象としたライセンシングモデルを使用することで、組織は組織化され、コンプライアンスを維持し、コストを削減することができます。

企業向けソフトウェアライセンシングモデルの種類

企業向けソフトウェアライセンシングは、企業によって大きく異なります。これは、企業ごとにソフトウェアの利用に対するニーズが異なるからです。同じ会社が異なるソフトウェアのために、異なる企業向けソフトウェアライセンシングモデルを使用している場合が多くあります。

永久ライセンスは、最も伝統的なライセンス形態です。これは、企業が1回限りの支払いで一定のライセンスにアクセスし、永遠に使用することができる(有効期限なし)永続的なタイプのライセンスです。このモデルでは、初期費用が高額になる可能性があり、長期的には更新などを受けるために料金を支払う必要があるのが一般的です。永久ライセンスは、様々な短所があることから、企業向けソフトウェアのライセンシングモデルとして人気を失いつつあります。

同時使用ライセンシングモデルでは、一度に複数のライセンスにアクセスできるため、さまざまな従業員が同時に使用することができます。この方法の利点は、1つのライセンシングコードを使用して、一括でライセンス付与できる点です。

現在、市場に出回っているライセンスの多くはプロプライエタリライセンスです。これは、企業がライセンス(様々な種類の場合あり)によってソフトウェア使用権を購入するものの、完全な権利はソフトウェア会社またはベンダーが保持することを意味します。この種のライセンスの重要な点は、企業ライセンス契約の締結と遵守、適切な使用を行うように注意すべきということです。

その他の企業向けライセンスの例として、プロプライエタリライセンスに、フローティング機能ライセンスや機能ベースライセンスといった、他のソフトウェアライセンシングモデルを組み合わせたタイプが挙げられます。このようなオプションは、特定部門や従業員のニーズに応じて柔軟に対応できるため、企業向けソフトウェア管理にとって魅力的です。どの企業も、使用しない、あるいは一部でしか使用しない機能のライセンスを購入したいとは思わないでしょう。

企業

個人向けソフトウェアライセンスと企業向けソフトウェアライセンスの違いとは?

企業向けライセンスとユーザーライセンスを比較すると、大抵の場合、使用範囲と使用目的に違いがあります。

個人向けソフトウェアライセンスは、日常生活でソフトウェアを使用するために、個人として使用するライセンスです。例えば、Shopifyのサブスクリプションプランを購入するときや、自宅用コンピューターで使用するためにMicrosoft Officeをダウンロードするときなどに取得します。サブスクリプションプラン(または永久ワンタイムライセンス)を購入する場合、基本的にソフトウェアベンダーとライセンス契約を締結することになります。

企業にとって、ソフトウェアライセンシングやセキュリティは、個人利用の場合よりもはるかに大きな規模になります。企業は、すべてのユーザーに対して十分な合法ライセンスを用意し、その使用を監視し、セキュリティが最高レベルであることを確認し、常に企業の安全性を維持しなければなりません。まさにこれこそが、多くの企業が管理ツールに頼っている理由です。

タレスソリューションによる企業向けソフトウェアライセンス管理

タレスのソリューションを使用することで、企業向けソフトウェアのライセンシングが簡単かつ便利になります。Sentinel ソフトウェアライセンシング製品は、企業が組織全体でライセンスを管理する機会を提供し、収益機会の増大と業務効率の向上を可能にします。それだけでなく、タレス製品により、企業向けソフトウェアのセキュリティを追跡し、即座に対処することができるため、企業はもはや安全性の維持に気を揉む必要がありません。ISVがソフトウェアライセンシングサービスを保護し、企業向けソフトウェアライセンシングとソフトウェア収益化サービスをより容易に活用できるよう、タレスがどのようにサポートできるかをぜひご覧ください。

HERTA Security、自社製ライセンシング をジェムアルト Sentinel に換え、 知的財産保護、データ暗号化、 新たな収益モデル構築を達成

HERTA Security、自社製ライセンシング をジェムアルト Sentinel に換え、 知的財産保護、データ暗号化、 新たな収益モデル構築を達成

通り、あるいは空港、スタジアム、電車の駅のような場所にいる 群衆をスキャンすることによって、安全とセキュリティに脅威を 与える個人を自動的に特定できるソフトウェア技術を想像してくだ さい。人があなたの店に足を踏み入れたら、デモグラフィックスを 即座に特定できて、そのデータを用いてその人固有のニーズを満た し、サービスを向上させるというマーケティングの世界を想像して ください。HERTA社のソフトウェア製品はこのすべてを可能にしま す。自社製ライセンシング システムを、強力な暗号化、より多くの ビジネス モデル...

Cadac Group Reduces Expenses & Gains Flexibility - Case Study

Combine Separate Licensing Platforms - Cadac Case Study

Cadac Group Reduces Expenses & Gains Flexibility - Case Study Cadac Group is a leading provider of solutions to create, manage, and share digital design information. As the design is becoming more digital, Cadac Group offers its customers expertise to enable them to be...